自作の歌詞・詩(ポエム)・小説(ノベル)等のクリエイティブ系コミュニティサイト

ようこそ ゲスト さん

投稿した小説(ノベル)にコメントがもらえるコミュニティ

小説(ノベル)

夏の停止線 (執筆中)

作:第1回みんなのライトノベルコンテスト作品 / カテゴリ:みんなのライトノベルコンテスト(フリー) / 投稿日:'08年1月11日 10:53
ページ数:107ページ / 表示回数:回 / 総合評価:1 / コメント:1件

[広告]

10 コーヒー4

 間近で、コーヒー豆を挽く音がガリガリと響いていた。
 そのせいで、はっと目を覚ました。
 なぜわたしがこんな場所で眠ってしまっていたのかがすぐに思い出せなかった。
 カントリー調の家具に覆われた、喫茶店のカウンターだった。
 店内は灯りを抑えてあるので、どこか薄暗い。
 わたしは、休日のその日、一日中街を歩いていたのだったと思う。
 深森先輩が描いていた静物画の、その深い紅色の花の色がきれいだと思った。
 だからメールで質問したのだった。どんな絵の具を使っているんですか、と。
 3日ほど間を空けて、先輩からの返事をもらった。
 透明水彩絵の具のメーカーと、花に使った色の名前数種類が列挙されていた。
 複数の色を重ね合わせて、ようやくあの花を表現したのだとしたら、それは本当はわたしなどが安易に尋ねてはいけないことだったのかもしれない。
 でも先輩のメールに添えられた言葉には、特にわたしの問いに気分を害した様子も見られなかった。
 絵の具の色名を確認しながら、わたしの絵の具箱の中身をチェックしていく。
 足りない色がわかった。カーマインレッドだった。
 わたしはその絵の具を探し求めて、駅前の画材店二軒を回った。どちらにも置いてない色だった。
 そのあと駅からかなり離れた場所の画材店にも足を運んでみたけれど、そこにもその絵の具はなかった。
 メーカーが製造を中止してしまった色らしい。
 駅前まで戻り、隣の駅に行ってみようとしたところ、何かの事故があったらしく、電車が止まってしまっていた。復旧の見通しがつかないようだった。
 足が棒になるという言葉があるけれど、そのとおり疲れ果ててしまったわたしは、どこかで休みたいと思い、この喫茶店に足を踏み入れた。
 夕方だというのに、店の中は空いていた。少し奥まった路地にある店だからだろうか。
 カウンター席についてから、メニューを見て面食らった。メニューはコーヒーの種類で埋め尽くされている。
 種類というのは、カプチーノとかエスプレッソとかいう意味での種類ではない。
 全部、豆の種類の列挙。どこがどう違うのかがわからない。
 当然のように、紅茶やミルク、オレンジジュースなどはまったく置いてなかった。
 戸惑ったままメニューとしばらくにらめっこしていたら、目の前のマスターが静かに口を開いた。
「ココアなら作れますよ」
 わたしは赤面しながら感謝の気持ちをこめて会釈する。
「あの、それじゃココアください」
 わたしはマスターがココアの準備をしているのをぼんやりと見ていた。
 生クリームをあわ立てていたことまでは覚えている。そのあと、いつの間にか眠ってしまったようだった。
 目の前に置かれたココアが、すっかり冷めている。生クリームの泡が消えて沈んでしまっていることからも、かなりの時間が過ぎてしまったような気がした。
「あの、今度はコーヒーください」
 わたしはおずおずとマスターに申し出た。そうしてすぐに、豆の種類も指定しないとまずいのではないかと気づく。
 わたしはメニューを手にして、豆の名前をざっと眺める。
「キリマンジャロなどいかがですか」
 マスターがわたしの戸惑いを見透かしたように言う。
「はいっ、それでお願いします」
 わたしはおかしな汗をかきながら、そう返事をした。

※この小説(ノベル)"夏の停止線"の著作権は第1回みんなのライトノベルコンテスト作品さんに属します。

この小説(ノベル)の評価
評価項目評価数
素敵 1
合計 1
[広告]

この小説(ノベル)のURLとリンクタグ

この小説(ノベル)のURL:
この小説(ノベル)のリンクタグ:

この小説(ノベル)へのコメント (1件)

Fey

'16年1月4日 21:36

この小説(ノベル)を評価しました:素敵

章のタイトルを拝見すると、すごく好きな項目がいくつか、あります。
嬉しいです。

参考までに、ちょこっと知ってることを・・
気を悪くなさらないでくださいね。木々を描くのは好きなので(というか、直線の建物とか逆に描けないです、池とかまるいものや、木々などの自然を描いたり、ガラスや陶器のポットとかコーヒーカップとかお花とかを描いたりしてきました)

木々の描き方は、メインに描き込む枝をじっくりみて、それを目で追いながら、神にトレースすると描けますよ。ただ、木立の枝などは自分でも参りますが・・^^;そういうときは、美しいところだけピックアップして、つぎはぎにしてよいそうです(わからないように)。

以上、画家が本職の家族に教わったアドヴァイスでした。もしもよかったら、参考にしてみてください

ながながとごめんなさい。。とても、絵を描くところがリアルでよかったです。
ほかのところもゆっくり、読ませていただきたいと思います^^。
エントリ作品、今アップしても構わないのでしょうか?(受賞昨が決まるまえにオンラインにアップすると、エントリの資格がなくなることもありますね)。そういうときはいったん削除するか、非公開にするとよいですよ。今回のアップ、ありがとうございます。

コメントを書く

登録済みのユーザーは ログイン してください。
登録済みでない方は 新規登録 してください。

新規メンバー登録(無料)
第4回みんなのライトノベルコンテスト「しまのわライトノベルコンテスト」
広島で開催!コスプレをはじめとするジャパンカルチャーイベント「コスカレード」
  • 公式サークル みんなの歌詞
  • 公式サークル みんなの詩(ポエム)
  • 公式サークル みんなの小説(ノベル)
  • 公式サークル みんなのイラスト
  • 公式サークル みんなの写真(フォト)

ランキング

※ここでは2018年5月17日のデイリー表示回数ランキングを表示しています。※同順位者が多すぎる場合はすべてを表示しきれない場合があります。

サポートサイト

J@P