自作の歌詞・詩(ポエム)・小説(ノベル)等のクリエイティブ系コミュニティサイト

ようこそ ゲスト さん

投稿した小説(ノベル)にコメントがもらえるコミュニティ

小説(ノベル)

魔法少女いつき (執筆中)

作:にゃべ♪ / カテゴリ:ファンタジー / 投稿日:'16年5月9日 10:02
ページ数:658ページ / 表示回数:回 / 総合評価:0 / コメント:0件

[広告]

544

夢中になっていたせいで時間が過ぎていた事に気付かなかったのだ。ヤツはドヤ顔でゆっくりといつき達の前に近付いてくる。この最悪の状況にいつきは恐怖で顔が青ざめた。

「き、来たーっ!」

「こっちだって、勝算があるからやってきてるんだぜ?」

2人は今までのアスタロトの戦闘の思い出がグルグルと頭の中で再生されて絶望感に襲われていく。こうしてトラウマ状態になりながらも、いつきは歯を食いしばり、覚悟を決めてヴェルノに声をかける。

「こ、こうなったら戦うしかないよ!」

「お前らの実力はとっくに把握済みだ。あれから何か特訓でもしたか?レベルアップとかは?俺の想定を上回れるか?」

ちびアスタロトの挑発はいつきの精神を削いでいく。実際のところ、彼女の実力は前回の戦いから全く変わっていない。レベルアップなイベントとかも体験していないし、強くなっている実感もない。ヤツはそこまで考え抜いた上で、この戦いに臨んでいる。ちびアスタロトから湧き出てくる静かな殺意にいつきはゴクリとつばを飲み込んだ。

けれど、だからと言ってここで何もしない訳にもいかない。アスタロトは力を奪う事の出来る悪魔だ。

※この小説(ノベル)"魔法少女いつき"の著作権はにゃべ♪さんに属します。

この小説(ノベル)の評価
評価項目評価数
合計 0
[広告]

この小説(ノベル)のURLとリンクタグ

この小説(ノベル)のURL:
この小説(ノベル)のリンクタグ:

コメントを書く

登録済みのユーザーは ログイン してください。
登録済みでない方は 新規登録 してください。