自作の歌詞・詩(ポエム)・小説(ノベル)等のクリエイティブ系コミュニティサイト

ようこそ ゲスト さん

投稿した小説(ノベル)にコメントがもらえるコミュニティ

小説(ノベル)

魔法少女いつき (執筆中)

作:にゃべ♪ / カテゴリ:ファンタジー / 投稿日:'16年5月9日 10:02
ページ数:656ページ / 表示回数:回 / 総合評価:0 / コメント:0件

[広告]

539

目の前の男の子からはかつてのアスタロトのような強烈な負のオーラは一切感じられない。感じられたとしたなら2人だってすぐにその正体に気付けただろう。この事からいつきはヴェルノに耳打ちする。

「もしかして、弱体化してる?」

「かも知れない……分からないけど」

彼は目の前の弱体化したアスタロトが本当に弱体化しているのか、それともそんな振りをしているだけのか、真相を図りきれないでいた。2人の前に立ち塞がっているちびアスタロトは、独り言を言いながら自嘲する。

「本当ならもっと闇に潜んで徐々に力を取り戻すつもりだったよ」

「えぇと……」

「だがその前に!俺をこんな姿にしたお前らをブチ殺さなきゃ気が済まねぇんだよっ!」

突然切れたヤツの殺意は力を失っていたとしても健在で、そこに恐怖を見出したいつき達は速攻でその場から離脱する。ものすごいスピードで逃げていく2人を目にしたアスタロトはすぐに追いかけようと飛び立った。

「ふん、逃げられると思うな!」

その頃、ヴェルノと手を繋いで最大スピードで逃げる2人はと言うと、今までの経験上からの判断で、どうにか逃げ切る事だけを第一に考えていた。

※この小説(ノベル)"魔法少女いつき"の著作権はにゃべ♪さんに属します。

この小説(ノベル)の評価
評価項目評価数
合計 0
[広告]

この小説(ノベル)のURLとリンクタグ

この小説(ノベル)のURL:
この小説(ノベル)のリンクタグ:

コメントを書く

登録済みのユーザーは ログイン してください。
登録済みでない方は 新規登録 してください。