自作の歌詞・詩(ポエム)・小説(ノベル)等のクリエイティブ系コミュニティサイト

ようこそ ゲスト さん

投稿した小説(ノベル)にコメントがもらえるコミュニティ

小説(ノベル)

魔法少女いつき (執筆中)

作:にゃべ♪ / カテゴリ:ファンタジー / 投稿日:'16年5月9日 10:02
ページ数:652ページ / 表示回数:回 / 総合評価:0 / コメント:0件

[広告]

538

ヴェルノはそう言って目の前の男の子の正体を説明する。身に覚えがあると言うその言葉を聞いたいつきはすぐに該当人物を思い出したものの、目の前の男の子の姿とのギャップが激しかった為にすぐにはそれを信じられないでいた。

「え?そんな……嘘でしょ?まさか……」

「まだ気付かないのか……まぁかなり見た目は変わったしまったしな」

この時点でも男の子はそう言って余裕の態度を崩さない。こんな態度を取るいつきの知り合いは過去にひとりしか該当しない。そんなはずがない、そうあって欲しくないと願いながら、彼女は恐る恐るその名前を口にする。

「あ、アスタ……ロト……?」

「そうだ!お前達に散々な目に遭わされたその成れの果てだ!」

男の子はアスタロトだった!どう言う理屈か分からないけれど、以前の大男だった魔界の貴族は今や小さな男の子の姿に変わっていたのだ。この衝撃の事実を前にいつきは大声を上げる。

「あんた!カムラに力を奪われたんじゃなかったの?」

「ああそうだ!だからこんな情けない姿になっちまった。力だって……」

アスタロトの話によれば、カムラに力を奪われた結果、幼い姿に変わってしまったらしい。

※この小説(ノベル)"魔法少女いつき"の著作権はにゃべ♪さんに属します。

この小説(ノベル)の評価
評価項目評価数
合計 0
[広告]

この小説(ノベル)のURLとリンクタグ

この小説(ノベル)のURL:
この小説(ノベル)のリンクタグ:

コメントを書く

登録済みのユーザーは ログイン してください。
登録済みでない方は 新規登録 してください。

新規メンバー登録(無料)
第4回みんなのライトノベルコンテスト「しまのわライトノベルコンテスト」
広島で開催!コスプレをはじめとするジャパンカルチャーイベント「コスカレード」
  • 公式サークル みんなの歌詞
  • 公式サークル みんなの詩(ポエム)
  • 公式サークル みんなの小説(ノベル)
  • 公式サークル みんなのイラスト
  • 公式サークル みんなの写真(フォト)

サポートサイト

J@P