自作の歌詞・詩(ポエム)・小説(ノベル)等のクリエイティブ系コミュニティサイト

ようこそ ゲスト さん

投稿した小説(ノベル)にコメントがもらえるコミュニティ

小説(ノベル)

魔法少女いつき (執筆中)

作:にゃべ♪ / カテゴリ:ファンタジー / 投稿日:'16年5月9日 10:02
ページ数:656ページ / 表示回数:回 / 総合評価:0 / コメント:0件

[広告]

525

彼女の姿が見えなくなるまで部屋の窓から見送り、完全に見えなくなったところでいつきは勢い任せにベッドに倒れ込んだ。

「う~バテた~。夏休みの課題なんて一気に進めるものじゃないよぉ~」

「お疲れさん」

そんな彼女をヴェルノがやんわりと労う。ベッドでうつ伏せになったまま休養していたいつきは、10分くらいしてからムクリと起き上がると、テーブルの上でまったりとまどろんでいた彼に向かって声をかける。

「べるのさぁ~。さっきの話って本当なの?」

「さっきの話?」

「大学出たって話」

いつきはヴェルノの学歴自慢を少し疑っているみたいだ。何か変な誤解をされないように彼はすぐに一番突っ込まれそうな部分を強調する。

「こっちの人間の大学と魔界の大学はまた違うよ」

「それは……そうだろうけど……」

いきなり出鼻をくじかれたいつきは出しかけていた言葉をごくりと飲み込んだ。それからまた3分くらい沈黙の時間が流れていく。その間に退屈になったヴェルノがあくびをしていると、何かを思いついたのか、彼女は急にヴェルノに向かって身を乗り出してきた。

※この小説(ノベル)"魔法少女いつき"の著作権はにゃべ♪さんに属します。

この小説(ノベル)の評価
評価項目評価数
合計 0
[広告]

この小説(ノベル)のURLとリンクタグ

この小説(ノベル)のURL:
この小説(ノベル)のリンクタグ:

コメントを書く

登録済みのユーザーは ログイン してください。
登録済みでない方は 新規登録 してください。