自作の歌詞・詩(ポエム)・小説(ノベル)等のクリエイティブ系コミュニティサイト

ようこそ ゲスト さん

投稿した小説(ノベル)にコメントがもらえるコミュニティ

小説(ノベル)

魔法少女いつき (執筆中)

作:にゃべ♪ / カテゴリ:ファンタジー / 投稿日:'16年5月9日 10:02
ページ数:703ページ / 表示回数:回 / 総合評価:0 / コメント:0件

[広告]

521

「口では何とでも言えるもんね~」

「信じないなら別にいいけどね」

彼女の安い挑発には乗らず、ヴェルノはお皿に乗っていたおやつのクッキーを器用に摘んで口に放り込む。その態度にカチンと来たのか、いつきはテキストを彼に見せて声を荒げる。

「そんな言うならこの問題を解いてみせてよ!」

「そんな手には乗らないよ~」

「くぅ~ムカつくー!」

流石飛び級故の余裕なのか、ヴェルノにまた簡単にやり込められていつきは更に憤慨する。そんなやり取りを眺めていた雪乃は、そろそろこの茶番を終わらせようとパチンと手を叩いた。

「いつき!真面目にやろっ」

「はぁ~い」

雪乃の優等生オーラには逆らえず、いつきは渋々自分の夏休みの課題を机の引き出しから取り出して同じテーブルの上に乗せる。それから急いでおやつを食べてジュースで流し込み、勉強する態勢になった。

最初こそノロノロと始めたものの、その様子を見た雪乃の適切な指示で彼女の勉強のスピードも徐々に勢いに乗っていく。いつきのサポートをする様子を眺めていたヴェルノは感心しながら口を開いた。

※この小説(ノベル)"魔法少女いつき"の著作権はにゃべ♪さんに属します。

この小説(ノベル)の評価
評価項目評価数
合計 0
[広告]

この小説(ノベル)のURLとリンクタグ

この小説(ノベル)のURL:
この小説(ノベル)のリンクタグ:

コメントを書く

登録済みのユーザーは ログイン してください。
登録済みでない方は 新規登録 してください。

新規メンバー登録(無料)
第4回みんなのライトノベルコンテスト「しまのわライトノベルコンテスト」
広島で開催!コスプレをはじめとするジャパンカルチャーイベント「コスカレード」
  • 公式サークル みんなの歌詞
  • 公式サークル みんなの詩(ポエム)
  • 公式サークル みんなの小説(ノベル)
  • 公式サークル みんなのイラスト
  • 公式サークル みんなの写真(フォト)

ランキング

※ここでは2018年5月17日のデイリー表示回数ランキングを表示しています。※同順位者が多すぎる場合はすべてを表示しきれない場合があります。

サポートサイト

J@P