自作の歌詞・詩(ポエム)・小説(ノベル)等のクリエイティブ系コミュニティサイト

ようこそ ゲスト さん

投稿した小説(ノベル)にコメントがもらえるコミュニティ

小説(ノベル)

魔法少女いつき (執筆中)

作:にゃべ♪ / カテゴリ:ファンタジー / 投稿日:'16年5月9日 10:02
ページ数:569ページ / 表示回数:回 / 総合評価:0 / コメント:0件

[広告]

518

「え?遊びに来たんでしょ?」

急に注意された格好になっていつきは戸惑った。この突然の展開にヴェルノもまた固まっている。その様子を見た雪乃はため息を吐き出すと、持参してきていたカバンから次々とテキストやらノートやらを取り出した。そうしてテーブルに手際よく並べ始める。

「違うよ、勉強しに来たんだよ。課題進めないと」

「ええ~?それ最初から言ってたっけ?」

「最初から言ったら話に乗ってくれた?」

「いや、多分……」

雪乃の追求にいつきは声が小さくなる。彼女は持ってきたテキスト類を綺麗に整理すると、テーブルにドンと手をついた。

「でしょ?だから言わなかったんだ」

どうやら雪乃はいつきの性格を読んで、適切なタイミングでこの話を切り出すつもりだったらしい。それでさっき課題の話を切り出したようだ。この彼女の作戦に対して、いつきは明確な拒否の態度を示す。

「いやでも勉強なんていいじゃん、遊ぼーよー」

「だーめ。折角おば様に旅行連れていってもらったんだもの。その分くらいのお返しはしないと」

彼女の要求を聞かず、雪乃は断固として自分のペースで話を進める。

※この小説(ノベル)"魔法少女いつき"の著作権はにゃべ♪さんに属します。

この小説(ノベル)の評価
評価項目評価数
合計 0
[広告]

この小説(ノベル)のURLとリンクタグ

この小説(ノベル)のURL:
この小説(ノベル)のリンクタグ:

コメントを書く

登録済みのユーザーは ログイン してください。
登録済みでない方は 新規登録 してください。

新規メンバー登録(無料)
第4回みんなのライトノベルコンテスト「しまのわライトノベルコンテスト」
広島で開催!コスプレをはじめとするジャパンカルチャーイベント「コスカレード」
  • 公式サークル みんなの歌詞
  • 公式サークル みんなの詩(ポエム)
  • 公式サークル みんなの小説(ノベル)
  • 公式サークル みんなのイラスト
  • 公式サークル みんなの写真(フォト)

サポートサイト

J@P