自作の歌詞・詩(ポエム)・小説(ノベル)等のクリエイティブ系コミュニティサイト

ようこそ ゲスト さん

投稿した小説(ノベル)にコメントがもらえるコミュニティ

小説(ノベル)

魔法少女いつき (執筆中)

作:にゃべ♪ / カテゴリ:ファンタジー / 投稿日:'16年5月9日 10:02
ページ数:570ページ / 表示回数:回 / 総合評価:0 / コメント:0件

[広告]

第76話 普通の休日 その5

「たーのしいねー」

「プールと違って広いのがいいよね」

「その代わりウォータースライダーみたいなのはないけど」

軽く泳ぐ2人にヴェルノが並走していると、そんな彼を見たいつきが突然無茶ぶりをする。

「そだ!べるのの魔法でなんか面白い事しようよ!」

彼女の言葉ならもしかしてヴェルノも実行しかねないと一抹の不安を感じた雪乃は、素早くそれを静止する。

「ちょ、今昼間で大勢の人がいるんだから!」

「じゃあ人のいない所に行けばいい?」

雪乃の言葉に問題の打開策のヒントを見つけた彼女は人気のない所へと泳ぎ始める。それは海泳ぎでも一番やっちゃいけない事だった。人がいない所は潮の流れが荒く、泳いではいけない場所だからこそ人がいないのだ。調子に乗っていたいつきはその海の常識がスポーンと抜けていた。
この彼女の行動に悪い予感を感じた雪乃はそれを止めようと声をかける。

「危ないって!戻って!」

「へーきへーき!」

雪乃の忠告も聞かずにいつきは泳ぎ続ける。彼女のスイミング能力は一般人レベルのそれであり、危険区域で泳ぐ事は自殺行為に等しい。

※この小説(ノベル)"魔法少女いつき"の著作権はにゃべ♪さんに属します。

この小説(ノベル)の評価
評価項目評価数
合計 0
[広告]

この小説(ノベル)のURLとリンクタグ

この小説(ノベル)のURL:
この小説(ノベル)のリンクタグ:

コメントを書く

登録済みのユーザーは ログイン してください。
登録済みでない方は 新規登録 してください。

新規メンバー登録(無料)
第4回みんなのライトノベルコンテスト「しまのわライトノベルコンテスト」
広島で開催!コスプレをはじめとするジャパンカルチャーイベント「コスカレード」
  • 公式サークル みんなの歌詞
  • 公式サークル みんなの詩(ポエム)
  • 公式サークル みんなの小説(ノベル)
  • 公式サークル みんなのイラスト
  • 公式サークル みんなの写真(フォト)

サポートサイト

J@P