自作の歌詞・詩(ポエム)・小説(ノベル)等のクリエイティブ系コミュニティサイト

ようこそ ゲスト さん

投稿した小説(ノベル)にコメントがもらえるコミュニティ

小説(ノベル)

魔法少女いつき (執筆中)

作:にゃべ♪ / カテゴリ:ファンタジー / 投稿日:'16年5月9日 10:02
ページ数:569ページ / 表示回数:回 / 総合評価:0 / コメント:0件

[広告]

471

ただ、旅行先自体には興味があったので、後ろ足で頬を掻きながらそれをポツリと口にする。

「海かぁ……そう言えばこっちの世界の海って知らないや……」

「そう言えば、魔界の海ってどんな感じなの?」

「テレビで見た感じだとまぁこっちの海と変わらないよ」

「ま、海なんてそうそう違わないよね」

魔界の海談義は彼があっさりめに答えた為に大して盛り上がらなかった。海は魔界にもあるし、この世界の海とも変わらない。そんな情報を手に入れていつきは魔界の認識をアップデートした。

こうして日々は忙しなく過ぎ、やがて旅行関係のアレコレはほぼ確定する。各種の手続きをほぼ終えた頃、母親はいつきにドヤ顔で宣言する。

「諸々の都合はクリアしたぞ!いつき隊員、水着の準備は大丈夫か?」

「勿論大丈夫じゃありませええん!」

「では軍資金じゃ、限られた予算でやりくりしてみよ!」

ノリノリの会話の後、母はいつきに新作水着用の予算を手渡した。彼女は両手を差し出してうやうやしくそれを受け取る。その余りにも演技じみた光景を目にしたヴェルノは唖然としてただぽかんと口を開けて傍観するしか出来なかった。

※この小説(ノベル)"魔法少女いつき"の著作権はにゃべ♪さんに属します。

この小説(ノベル)の評価
評価項目評価数
合計 0
[広告]

この小説(ノベル)のURLとリンクタグ

この小説(ノベル)のURL:
この小説(ノベル)のリンクタグ:

コメントを書く

登録済みのユーザーは ログイン してください。
登録済みでない方は 新規登録 してください。

新規メンバー登録(無料)
第4回みんなのライトノベルコンテスト「しまのわライトノベルコンテスト」
広島で開催!コスプレをはじめとするジャパンカルチャーイベント「コスカレード」
  • 公式サークル みんなの歌詞
  • 公式サークル みんなの詩(ポエム)
  • 公式サークル みんなの小説(ノベル)
  • 公式サークル みんなのイラスト
  • 公式サークル みんなの写真(フォト)

サポートサイト

J@P