自作の歌詞・詩(ポエム)・小説(ノベル)等のクリエイティブ系コミュニティサイト

ようこそ ゲスト さん

投稿した小説(ノベル)にコメントがもらえるコミュニティ

小説(ノベル)

魔法少女いつき (執筆中)

作:にゃべ♪ / カテゴリ:ファンタジー / 投稿日:'16年5月9日 10:02
ページ数:567ページ / 表示回数:回 / 総合評価:0 / コメント:0件

[広告]

442

「はは、流石数々の修羅場をくぐり抜けただけはあるね。冷静で素晴らしい」

「私の事、知ってるんですか?」

「ああ、何もかもね」

何もかも知っている――普通なら警戒される簡単には口に出せないようなその言葉をマルクは当たり前にように口にする。この普通じゃない対応に彼女は底知れない何かを感じ、それを確かめる為にカマをかけた。

「あなたもまともじゃない人なんでしょう?」

「ほう?どうして?」

「だって私の前に現れる人はみんなそうだから」

「あははっ!いやあ、君、面白いね!」

いつきの精一杯の口撃にマルクは突然吹き出した。どうやらこの程度では目の前の不審者はびくともしないらしい。軽くあしらわれていると感じた彼女は両の拳を強く握りしめ、その感情を爆発させる。

「茶化さないでください!一体何が目的なんですか!通報しますよ!」

「や、ちょい待ち!通報はやばいよ通報は!」

流石に目の前の百戦錬磨っぽい彼も通報と言う言葉には弱いらしい。そんな焦る姿を見たいつきはようやくマルクの人間らしい姿を目に出来てホッと一安心した。

※この小説(ノベル)"魔法少女いつき"の著作権はにゃべ♪さんに属します。

この小説(ノベル)の評価
評価項目評価数
合計 0
[広告]

この小説(ノベル)のURLとリンクタグ

この小説(ノベル)のURL:
この小説(ノベル)のリンクタグ:

コメントを書く

登録済みのユーザーは ログイン してください。
登録済みでない方は 新規登録 してください。

新規メンバー登録(無料)
第4回みんなのライトノベルコンテスト「しまのわライトノベルコンテスト」
広島で開催!コスプレをはじめとするジャパンカルチャーイベント「コスカレード」
  • 公式サークル みんなの歌詞
  • 公式サークル みんなの詩(ポエム)
  • 公式サークル みんなの小説(ノベル)
  • 公式サークル みんなのイラスト
  • 公式サークル みんなの写真(フォト)

サポートサイト

J@P