自作の歌詞・詩(ポエム)・小説(ノベル)等のクリエイティブ系コミュニティサイト

ようこそ ゲスト さん

投稿した小説(ノベル)にコメントがもらえるコミュニティ

小説(ノベル)

魔法少女いつき (執筆中)

作:にゃべ♪ / カテゴリ:ファンタジー / 投稿日:'16年5月9日 10:02
ページ数:658ページ / 表示回数:回 / 総合評価:0 / コメント:0件

[広告]

435

どうやらヴェルノもこの世界の事を一応調べてはいるらしく、夏を快適に過ごす家電製品が部屋に取り付けられている事をしっかり把握していた。
日によってはもうかなり暑くなっているのに一向にそれを稼働させない事に彼は少し苛立っている。そんなヴェルノの言葉の圧を右から左に受け流しながらいつきは安西家のエアコン稼働条件を口にする。

「うーん、梅雨が明けたら?って言うか……あっ!」

「な、何っ!」

いつきが話の最後に急に何かに気付いたような大きな声を出したのでヴェルノはビクッとする。

「魔法で温度調節出来るんなら、べるのが自力で何とかすればいいじゃん」

「や、やだよ!大気の質を調整するのにどれだけ魔法力が必要だと思ってるんだ。僕の力にそんなキャパはないぞ」

「じゃあ魔界はどうやってその仕組みを維持してるの?」

彼の話に興味を持ったいつきはその事について詳しく聞こうと身を乗り出した。この態度にヴェルノは一瞬引くものの、朧げな知識を総動員して何とか説明らしき言葉を口にする。

「えぇと……専門の施設があって専門の職員がいて……、とにかく大勢の人が関わってるんだよ!」

※この小説(ノベル)"魔法少女いつき"の著作権はにゃべ♪さんに属します。

この小説(ノベル)の評価
評価項目評価数
合計 0
[広告]

この小説(ノベル)のURLとリンクタグ

この小説(ノベル)のURL:
この小説(ノベル)のリンクタグ:

コメントを書く

登録済みのユーザーは ログイン してください。
登録済みでない方は 新規登録 してください。

新規メンバー登録(無料)
第4回みんなのライトノベルコンテスト「しまのわライトノベルコンテスト」
広島で開催!コスプレをはじめとするジャパンカルチャーイベント「コスカレード」
  • 公式サークル みんなの歌詞
  • 公式サークル みんなの詩(ポエム)
  • 公式サークル みんなの小説(ノベル)
  • 公式サークル みんなのイラスト
  • 公式サークル みんなの写真(フォト)

サポートサイト

J@P