自作の歌詞・詩(ポエム)・小説(ノベル)等のクリエイティブ系コミュニティサイト

ようこそ ゲスト さん

投稿した小説(ノベル)にコメントがもらえるコミュニティ

小説(ノベル)

魔法少女いつき (執筆中)

作:にゃべ♪ / カテゴリ:ファンタジー / 投稿日:'16年5月9日 10:02
ページ数:567ページ / 表示回数:回 / 総合評価:0 / コメント:0件

[広告]

第67話 天狗山の妖怪達 その7

きっと鬼にもその言葉が届いたと言う事なのだろう。

気が付けば辺りはすっかり暗くなってしまっていた。いつき達もそろそろ帰らねばならない頃合いだ。時間を気にし始めた彼女を見て、小天狗は優しく声をかける。

「もうすぐ花火が上がります。それが終わったらまた家までお送りしますね」

「嘘?花火まで上がっちゃうの?それでも人間にはバレないんだ?」

「ええ、天狗山の結界はこの程度ではびくともしません」

「流石、すごいね」

天狗山の結界の効果をドヤ顔で話す小天狗にいつきは感心する。そうこうしている内に一発目の花火が上がり、破裂音と共に空に大輪の花を咲かせた。

「たーまやー!」

「たまや?」

花火が上がった途端に突然彼女が叫び始めた為、ヴェルノは混乱する。いつきは花火を見やすいよう彼を自分の肩に乗せると言葉の意味を説明した。

「花火が上がったらそう言うんだよ。お約束なの」

「へー」

異世界生物が花火のお約束を理解した頃、花火はどんどん上がり続け、上空では百花繚乱の見事さになっていた。

※この小説(ノベル)"魔法少女いつき"の著作権はにゃべ♪さんに属します。

この小説(ノベル)の評価
評価項目評価数
合計 0
[広告]

この小説(ノベル)のURLとリンクタグ

この小説(ノベル)のURL:
この小説(ノベル)のリンクタグ:

コメントを書く

登録済みのユーザーは ログイン してください。
登録済みでない方は 新規登録 してください。

新規メンバー登録(無料)
第4回みんなのライトノベルコンテスト「しまのわライトノベルコンテスト」
広島で開催!コスプレをはじめとするジャパンカルチャーイベント「コスカレード」
  • 公式サークル みんなの歌詞
  • 公式サークル みんなの詩(ポエム)
  • 公式サークル みんなの小説(ノベル)
  • 公式サークル みんなのイラスト
  • 公式サークル みんなの写真(フォト)

サポートサイト

J@P