自作の歌詞・詩(ポエム)・小説(ノベル)等のクリエイティブ系コミュニティサイト

ようこそ ゲスト さん

投稿した小説(ノベル)にコメントがもらえるコミュニティ

小説(ノベル)

魔法少女いつき (執筆中)

作:にゃべ♪ / カテゴリ:ファンタジー / 投稿日:'16年5月9日 10:02
ページ数:568ページ / 表示回数:回 / 総合評価:0 / コメント:0件

[広告]

420

困っている彼を見かねて、たぬ吉が通訳を買って出る。その言葉を聞いたいつきがヴェルノの肩を叩いて励ました。

「だって、良かったね」

「何か釈然としないような」

「気にしない、気にしない!お祭りなんだし楽しもうよ」

その後、2人は屋台巡りをして美味しいものをたらふく食べて満喫する。りんご飴にイチゴ飴、綿菓子にフライドポテト、まるで人間の屋台と変わらないそのラインアップにいつきはおどろくやら喜ぶやら。気がつけば2人のお腹は満腹になっていた。

「ふー、食べた食べた~。お祭りはいいね~」

「楽しんでもらえて何よりだべ」

おもてなしをしている側のたぬ吉もまた2人が喜んでいる様子を見て満足している。これぞ正にウィンウィンだね。ここまでお祭りを堪能しながら改めてヴェルノはいつきに質問する。

「そう言えば僕、まだ人の世界のお祭りって知らないんだけどこんな感じ?」

「そだよ。まあ、ここと違って人間しかいないけどね」

「そりゃ分かってるって」

彼女の冗談にヴェルノは愛想笑いをする。

※この小説(ノベル)"魔法少女いつき"の著作権はにゃべ♪さんに属します。

この小説(ノベル)の評価
評価項目評価数
合計 0
[広告]

この小説(ノベル)のURLとリンクタグ

この小説(ノベル)のURL:
この小説(ノベル)のリンクタグ:

コメントを書く

登録済みのユーザーは ログイン してください。
登録済みでない方は 新規登録 してください。

新規メンバー登録(無料)
第4回みんなのライトノベルコンテスト「しまのわライトノベルコンテスト」
広島で開催!コスプレをはじめとするジャパンカルチャーイベント「コスカレード」
  • 公式サークル みんなの歌詞
  • 公式サークル みんなの詩(ポエム)
  • 公式サークル みんなの小説(ノベル)
  • 公式サークル みんなのイラスト
  • 公式サークル みんなの写真(フォト)

サポートサイト

J@P