自作の歌詞・詩(ポエム)・小説(ノベル)等のクリエイティブ系コミュニティサイト

ようこそ ゲスト さん

投稿した小説(ノベル)にコメントがもらえるコミュニティ

小説(ノベル)

魔法少女いつき (執筆中)

作:にゃべ♪ / カテゴリ:ファンタジー / 投稿日:'16年5月9日 10:02
ページ数:656ページ / 表示回数:回 / 総合評価:0 / コメント:0件

[広告]

407

「それでは第871回天狗山妖怪祭りを始めますじゃよ!」

彼女が言いかけた所で長がお祭りの開始を宣言する。その言葉を耳に入れたいつきはもう気持ちがお祭り一色に支配された。お祭りを楽しみにしていた妖怪達が山道にどっと集まっていく。その賑やかさは人間の祭りの風景と見間違う程だ。山道の向こうにはお宮があって山の麓には屋台が並んでいる。
いつきは目をキラキラと輝かせ、この初めて見る妖怪のお祭りに興奮する。

「おお~、始まったね」

「ご、誤魔化すんじゃないだべ、続きを聞かせるべ!」

一方で答えがお預けになってしまったヨウは彼女の心変わりに憤慨する。いつきはそんな彼の言葉を右から左に流して屋台の列に混じっていった。

「私、お祭り楽しみたいから。この話はまた後でね」

「そんな~蛇の生殺しだべぇ~」

彼女に置いて行かれたヨウは肩を落として落胆する。気がつくと周りにたくさんいたはずの妖怪達もお祭りの列に参加して、その場は彼ひとりとなってしまっていた。


「べるの~賑やかだねえ」

「こんなに派手にやらかして人間達は気付かないものなのかな?」

※この小説(ノベル)"魔法少女いつき"の著作権はにゃべ♪さんに属します。

この小説(ノベル)の評価
評価項目評価数
合計 0
[広告]

この小説(ノベル)のURLとリンクタグ

この小説(ノベル)のURL:
この小説(ノベル)のリンクタグ:

コメントを書く

登録済みのユーザーは ログイン してください。
登録済みでない方は 新規登録 してください。