自作の歌詞・詩(ポエム)・小説(ノベル)等のクリエイティブ系コミュニティサイト

ようこそ ゲスト さん

投稿した小説(ノベル)にコメントがもらえるコミュニティ

小説(ノベル)

魔法少女いつき (執筆中)

作:にゃべ♪ / カテゴリ:ファンタジー / 投稿日:'16年5月9日 10:02
ページ数:703ページ / 表示回数:回 / 総合評価:0 / コメント:0件

[広告]

374

それは実力差はあっても一矢を報いねばと覚悟を決めた怒りだった。この勢いに流石のアスタロトも一瞬怯む。いざ決死の一撃を放とうと彼が魔法力を溜めた手を振り上げた次の瞬間、どこからか聞き覚えのある声が聞こえて来た。

「キシャアアアアア!」

「な、なんだ!?」

それはつい最近出会ってまだ記憶に新しい魔界の大蛇の姿だった。この予期していなかった突然の来客の登場にアスタロトもヴェルノも驚いた。

「カムラ!」

「じじいに言われて助けに来たんだ!早くいつきを!」

「あ、ああ……」

どうやらカムラは幻龍の使いでこの場に現れたらしい。強力な援軍の登場を受けてヴェルノはこの場を離脱する事を決意する。一方、アスタロトはこの突然の邪魔者の出現に戸惑っていた。

「魔界の蛇かよ!お前ら、いつの間にこんな奴を」

「よう、悪魔さん、しばらく俺と遊んでくれないか?」

カムラはそう言うと一瞬の内にアスタロトに絡みつく。大蛇の強烈な絞め技を受け、流石のアスタロトも動きを封じられてしまう。

「う、うぐぐ……流石だな……」

※この小説(ノベル)"魔法少女いつき"の著作権はにゃべ♪さんに属します。

この小説(ノベル)の評価
評価項目評価数
合計 0
[広告]

この小説(ノベル)のURLとリンクタグ

この小説(ノベル)のURL:
この小説(ノベル)のリンクタグ:

コメントを書く

登録済みのユーザーは ログイン してください。
登録済みでない方は 新規登録 してください。

新規メンバー登録(無料)
第4回みんなのライトノベルコンテスト「しまのわライトノベルコンテスト」
広島で開催!コスプレをはじめとするジャパンカルチャーイベント「コスカレード」
  • 公式サークル みんなの歌詞
  • 公式サークル みんなの詩(ポエム)
  • 公式サークル みんなの小説(ノベル)
  • 公式サークル みんなのイラスト
  • 公式サークル みんなの写真(フォト)

ランキング

※ここでは2018年5月17日のデイリー表示回数ランキングを表示しています。※同順位者が多すぎる場合はすべてを表示しきれない場合があります。

サポートサイト

J@P