自作の歌詞・詩(ポエム)・小説(ノベル)等のクリエイティブ系コミュニティサイト

ようこそ ゲスト さん

投稿した小説(ノベル)にコメントがもらえるコミュニティ

小説(ノベル)

魔法少女いつき (執筆中)

作:にゃべ♪ / カテゴリ:ファンタジー / 投稿日:'16年5月9日 10:02
ページ数:568ページ / 表示回数:回 / 総合評価:0 / コメント:0件

[広告]

370

「へ?違うの?」

「俺はこっちの世界に逃げて来たんだよ。そいつの父親共に殺されかけたからな!」

アスタロトの口から語られる衝撃の事実を前に、いつきはどう返事を返していいのか分からずしばらくの間硬直する。それから何とか言葉を紡ぎ出そうと少しずつ慎重に言葉を選びながら口を開く。

「それって……殺されかけるような事を……しでかしたから……じゃ……?」

「うるさい!お前も殺すぞ!」

彼女の言葉が逆鱗に触れたのかアスタロトは突然激高した。この状況にいつきは恐怖を覚える。目の前の悪魔は今すぐにでも2人を殺しそうな勢いだ。
そもそもアスタロトが本気になればいつきたちは瞬殺されてしまうのは間違いない。緊張の高まる中、彼女は藁にもすがる思いで相棒に助けを求める。

「べるの、何か手はない?」

「残念だけど……」

「あ、あはは……。まいったね、こりゃ……」

ヴェルノに速攻で要求を否定されたいつきは茫然自失する。怒りに震えるアスタロトは、けれどその実力差からすぐには2人に手を出さないでいた。

※この小説(ノベル)"魔法少女いつき"の著作権はにゃべ♪さんに属します。

この小説(ノベル)の評価
評価項目評価数
合計 0
[広告]

この小説(ノベル)のURLとリンクタグ

この小説(ノベル)のURL:
この小説(ノベル)のリンクタグ:

コメントを書く

登録済みのユーザーは ログイン してください。
登録済みでない方は 新規登録 してください。

新規メンバー登録(無料)
第4回みんなのライトノベルコンテスト「しまのわライトノベルコンテスト」
広島で開催!コスプレをはじめとするジャパンカルチャーイベント「コスカレード」
  • 公式サークル みんなの歌詞
  • 公式サークル みんなの詩(ポエム)
  • 公式サークル みんなの小説(ノベル)
  • 公式サークル みんなのイラスト
  • 公式サークル みんなの写真(フォト)

サポートサイト

J@P