自作の歌詞・詩(ポエム)・小説(ノベル)等のクリエイティブ系コミュニティサイト

ようこそ ゲスト さん

投稿した小説(ノベル)にコメントがもらえるコミュニティ

小説(ノベル)

魔法少女いつき (執筆中)

作:にゃべ♪ / カテゴリ:ファンタジー / 投稿日:'16年5月9日 10:02
ページ数:656ページ / 表示回数:回 / 総合評価:0 / コメント:0件

[広告]

360

「じゃあやっぱりアスタロトがまた狙ってくるのかなぁ?」

「可能性は、ある気がする」

ヴェルノもまた、その可能性を否定しなかった。そうして重い空気がリビングを支配する。数分の沈黙の後、この状況を打破しようと彼女は無理やり明るい声を出して雰囲気を変えようと試みた。

「今度はステッキがあるし、勝てるよね?」

「無理」

「即答しないでよ!」

折角いい雰囲気にしようと思ったのに、ヴェルノに否定されていつきは憤慨する。頬を膨らませている彼女を目にしたヴェルノは何故自分がそう思ったのか、両手を広げ、ジェスチャーを加えながら説明を始めた。

「アスタロトの強さはレベル6だよ。敵う訳がない」

「それってすごいの?」

「魔法生物の魔法レベルは1から7まであるんだ。それで普通の魔法生物は5までしかレベルを上げられない」

魔法生物の魔法レベル、以前ヴェルノが話していたその概念ではあったけれど、あまり興味を持っていなかったいつきは詳しく覚えてはいなかった。

※この小説(ノベル)"魔法少女いつき"の著作権はにゃべ♪さんに属します。

この小説(ノベル)の評価
評価項目評価数
合計 0
[広告]

この小説(ノベル)のURLとリンクタグ

この小説(ノベル)のURL:
この小説(ノベル)のリンクタグ:

コメントを書く

登録済みのユーザーは ログイン してください。
登録済みでない方は 新規登録 してください。