自作の歌詞・詩(ポエム)・小説(ノベル)等のクリエイティブ系コミュニティサイト

ようこそ ゲスト さん

投稿した小説(ノベル)にコメントがもらえるコミュニティ

小説(ノベル)

21世紀初頭の日本の詩 (執筆中)

作:歌川四季 / カテゴリ:未分類 / 投稿日:'16年3月16日 22:24
ページ数:362ページ / 表示回数:回 / 総合評価:0 / コメント:0件

[広告]

科学的に問題ないの問題6

2017年3月17日の新聞より

原発避難訴訟の判決で

地裁の裁判長は請求の一部を認め、国と電力会社に賠償を命じた

判決理由で、02年7月に政府の長期評価が

巨大地震で津波が原発敷地を大きく上回ると試算していた点などを挙げ

「遅くとも02年7月から数か月後の時点で

国は非常用配電盤を浸水させる規模の津波の到来を予見できた」と指摘

電力会社について「常に安全側に立った対策を取る方針を堅持しなければならないのに

経済的合理性を優先させたと言われてもやむを得ない対応だった」と厳しく批判した

電力会社や国は「02年7月の長期評価は科学的知見として不十分で、事故は予見できなかった」

として過失を否定

経産相は以前

「原発事故はわが国が経験したことがない未曽有の災害で

限られた知見の中では予測することが難しかった部分がある」

といっていた

※この小説(ノベル)"21世紀初頭の日本の詩"の著作権は歌川四季さんに属します。

この小説(ノベル)の評価
評価項目評価数
合計 0
[広告]

この小説(ノベル)のURLとリンクタグ

この小説(ノベル)のURL:
この小説(ノベル)のリンクタグ:

コメントを書く

登録済みのユーザーは ログイン してください。
登録済みでない方は 新規登録 してください。