自作の歌詞・詩(ポエム)・小説(ノベル)等のクリエイティブ系コミュニティサイト

ようこそ ゲスト さん

投稿した小説(ノベル)にコメントがもらえるコミュニティ

小説(ノベル)

魔法少女いつき (執筆中)

作:にゃべ♪ / カテゴリ:ファンタジー / 投稿日:'16年5月9日 10:02
ページ数:569ページ / 表示回数:回 / 総合評価:0 / コメント:0件

[広告]

339

そう、カムラは大きな蛇だった。見た目こそ見慣れたこの世界の蛇と何ひとつ変わらなかったものの、この世界のどんな蛇よりもその体は大きかった。
目前にまで迫って来たカムラを目にしたいつきはその大きさに圧倒される。

「うそ……すごく……大きい……こんなの見た事ない」

「だろうね。魔界の大蛇は神の成り損ね、全長20m30m当たり前だから」

「お前ら、何しに来たんだ?こんな所に」

2人は目の前の大蛇に圧倒され、まさに蛇に睨まれた蛙状態になる。逆にカムラはこの招かざる客の存在に不機嫌な気持ちを露わにしていた。このまま何も喋らずにいるのはまずいと感じたいつきは何とか言葉を絞り出そうと頑張った。

「えぇと、祠にちょっと用事が……」

「ここは俺の縄張りだ!帰れ!」

住処を荒らされたと思い込んでいるカムラがいつきの言葉を聞き入れるはずもなく、二言目には2人を追い出そうと声を張り上げる。
しかしそのまま彼の言葉を素直に聞いて帰る訳にはいかない理由が彼女にもあった為、精一杯の抵抗としていつきは彼に質問を投げかけた。

※この小説(ノベル)"魔法少女いつき"の著作権はにゃべ♪さんに属します。

この小説(ノベル)の評価
評価項目評価数
合計 0
[広告]

この小説(ノベル)のURLとリンクタグ

この小説(ノベル)のURL:
この小説(ノベル)のリンクタグ:

コメントを書く

登録済みのユーザーは ログイン してください。
登録済みでない方は 新規登録 してください。

新規メンバー登録(無料)
第4回みんなのライトノベルコンテスト「しまのわライトノベルコンテスト」
広島で開催!コスプレをはじめとするジャパンカルチャーイベント「コスカレード」
  • 公式サークル みんなの歌詞
  • 公式サークル みんなの詩(ポエム)
  • 公式サークル みんなの小説(ノベル)
  • 公式サークル みんなのイラスト
  • 公式サークル みんなの写真(フォト)

サポートサイト

J@P