自作の歌詞・詩(ポエム)・小説(ノベル)等のクリエイティブ系コミュニティサイト

ようこそ ゲスト さん

投稿した小説(ノベル)にコメントがもらえるコミュニティ

小説(ノベル)

魔法少女いつき (執筆中)

作:にゃべ♪ / カテゴリ:ファンタジー / 投稿日:'16年5月9日 10:02
ページ数:568ページ / 表示回数:回 / 総合評価:0 / コメント:0件

[広告]

332

丘の頂上より少し下がった南向きの斜面の途中に人工的な加工がしてある場所があってそこで彼はいつきを待っていた。

「ここだよ、多分」

「ちょっと怖いなぁ。中は大丈夫そう?」

「ここからじゃよく分からないよ。念の為に変身しとく?」

そう言いながらヴェルノが振り向くと、そこにはヒラヒラ衣装になったいつきが笑いながら立っていた。

「ニヒヒ、もうしちゃった。じゃ、行こっか」

外からは完全に土で塞がっているように見えるその祠だったけど、それは魔法的な結界でそう見えていただけで触れると何もない事がはっきりと分かった。
当然ながらこんな加工、人が出来るものじゃない。2人はその奥にいるであろう謎の存在を警戒しながらゆっくりと祠の奥へと入っていく。

「結構中は広いね、不思議……」

「これ、波動だけじゃない、空間も歪んでる……」

祠の中は外から見たら考えられない程に広く、それは不気味さを感じる程だった。その理由をヴェルノは少し得意気になって話す。彼の説を聞いていたいつきは急に不安になるのだった。

※この小説(ノベル)"魔法少女いつき"の著作権はにゃべ♪さんに属します。

この小説(ノベル)の評価
評価項目評価数
合計 0
[広告]

この小説(ノベル)のURLとリンクタグ

この小説(ノベル)のURL:
この小説(ノベル)のリンクタグ:

コメントを書く

登録済みのユーザーは ログイン してください。
登録済みでない方は 新規登録 してください。

新規メンバー登録(無料)
第4回みんなのライトノベルコンテスト「しまのわライトノベルコンテスト」
広島で開催!コスプレをはじめとするジャパンカルチャーイベント「コスカレード」
  • 公式サークル みんなの歌詞
  • 公式サークル みんなの詩(ポエム)
  • 公式サークル みんなの小説(ノベル)
  • 公式サークル みんなのイラスト
  • 公式サークル みんなの写真(フォト)

サポートサイト

J@P