自作の歌詞・詩(ポエム)・小説(ノベル)等のクリエイティブ系コミュニティサイト

ようこそ ゲスト さん

投稿した小説(ノベル)にコメントがもらえるコミュニティ

小説(ノベル)

魔法少女いつき (執筆中)

作:にゃべ♪ / カテゴリ:ファンタジー / 投稿日:'16年5月9日 10:02
ページ数:666ページ / 表示回数:回 / 総合評価:0 / コメント:0件

[広告]

322

「ふぉっふぉっふぉっふぉ。若者は好奇心旺盛でいいのう。儂はな、ただのジジイじゃよ」

何度訪ねてもとぼける幻龍に流石のいつきも付き合いきれなくなり、我慢出来なくなった彼女は思わず声を荒げる。

「誤魔化さないでください、私だって雰囲気で分かります!あなたもその……悪魔とか……なんですか?」

「ほうほう、儂を悪魔とな?中々鋭い娘さんじゃ」

「こんな事が出来るなんて、普通の人間には……」

そう、いつきは今までの経験からこの老人をアスタロトと同じ悪魔か何かが姿を変えているのではないかと推測し、怯えていたのだ。この彼女の攻勢を老人は変わらない笑顔で受け止めていた。

「そうじゃ、察しの通り儂は人間ではない。流石魔法少女じゃのう」

「ど、どうしてそれを?」

いつきはまだ自分の事を一切喋っていない。それなのに魔法少女の事までバレていた事に戦慄を覚える。幻龍は一呼吸置くと目を見開き口を開いた。

「儂はお主を見ておったのじゃ、ずっとな」

「それは……どう言う?」

その言葉が受け止められず、彼女は動揺する。老人は口角を上げると後ろ手に組み、ようやく自分の正体をいつきに伝える。

※この小説(ノベル)"魔法少女いつき"の著作権はにゃべ♪さんに属します。

この小説(ノベル)の評価
評価項目評価数
合計 0
[広告]

この小説(ノベル)のURLとリンクタグ

この小説(ノベル)のURL:
この小説(ノベル)のリンクタグ:

コメントを書く

登録済みのユーザーは ログイン してください。
登録済みでない方は 新規登録 してください。