自作の歌詞・詩(ポエム)・小説(ノベル)等のクリエイティブ系コミュニティサイト

ようこそ ゲスト さん

投稿した小説(ノベル)にコメントがもらえるコミュニティ

小説(ノベル)

魔法少女いつき (執筆中)

作:にゃべ♪ / カテゴリ:ファンタジー / 投稿日:'16年5月9日 10:02
ページ数:656ページ / 表示回数:回 / 総合評価:0 / コメント:0件

[広告]

314

そんな彼女の顔を見た雪乃は安心したように笑みを浮かべ、しかしそれ以上言葉は続けなかった。

そうしてその日は何事もなく過ぎ去り、放課後。珍しく都合の合った2人は仲良く下校する。帰り道でも学校の事や最近の流行、お互いの家庭の事情などを話していたら時間はあっと言う間に過ぎ去り、やがて別れ道に差し掛かった。

「じゃあ、また明日!」

「またね!」

ひとりになったいつきは別に普段と変わらないテンションで自宅に向かって歩いていく。今の彼女の頭の中は最近使いこなせるようになった魔法のステッキの事でいっぱいだった。ひとりになった事で心のタガが外た彼女はステッキを持っている体でブンブンと腕を振り回し始める。

「さぁ~て、今日も帰ったらステッキの腕を磨きますかあ……」

エアステッキを振り回しながら道を歩いていると、いつきは不意に景色に違和感を感じ始める。この感覚が正しいものか、それとも疲れて変に意識しているだけなのか、今の彼女には判断がつかない。
ただ、最近は疲れるような生活をしていない為、どうにか自分の感覚は正しいはずと自分に言い聞かせながら歩いていた。

※この小説(ノベル)"魔法少女いつき"の著作権はにゃべ♪さんに属します。

この小説(ノベル)の評価
評価項目評価数
合計 0
[広告]

この小説(ノベル)のURLとリンクタグ

この小説(ノベル)のURL:
この小説(ノベル)のリンクタグ:

コメントを書く

登録済みのユーザーは ログイン してください。
登録済みでない方は 新規登録 してください。