自作の歌詞・詩(ポエム)・小説(ノベル)等のクリエイティブ系コミュニティサイト

ようこそ ゲスト さん

投稿した小説(ノベル)にコメントがもらえるコミュニティ

小説(ノベル)

魔法少女いつき (執筆中)

作:にゃべ♪ / カテゴリ:ファンタジー / 投稿日:'16年5月9日 10:02
ページ数:656ページ / 表示回数:回 / 総合評価:0 / コメント:0件

[広告]

279

その後、自分の用事は終わったと言う事でヨウはいつきの家を去っていく。仕事の話は終わったから今度は別の話をしようと引き止める彼女の言葉をやんわりと否定して、砂が風に流れるように飽くまでも自然に彼は帰っていった。

部屋の中がいつもの2人に戻ってすぐにヴェルノはいつきに声をかける。

「いいの?」

「この話、受けるよ」

「え?だってさっきは……」

ヨウの話に結論を出し渋っていたはずのいつきは彼が帰ってすぐにその話を受けると断言する。この態度の変化に戸惑ったヴェルノは思わずその真意を問いただした。その質問に彼女は彼女なりの考えをヴェルノに伝える。

「保留にしたのはステッキの完成を待って貰う為だよ。完成したらすぐにOKの返事を出すから」

「どうなっても知らないからね」

「だって、ヨウさんが危なくないって言ってたもの。きっと大丈夫、守ってくれるよ」

このいつきの言葉を聞いたヴェルノは、ハァとため息をひとつ漏らしてその時思った事を素直に口にする。

「楽観的だなあ」

「それと、べるのも信用してる」

※この小説(ノベル)"魔法少女いつき"の著作権はにゃべ♪さんに属します。

この小説(ノベル)の評価
評価項目評価数
合計 0
[広告]

この小説(ノベル)のURLとリンクタグ

この小説(ノベル)のURL:
この小説(ノベル)のリンクタグ:

コメントを書く

登録済みのユーザーは ログイン してください。
登録済みでない方は 新規登録 してください。

新規メンバー登録(無料)
第4回みんなのライトノベルコンテスト「しまのわライトノベルコンテスト」
広島で開催!コスプレをはじめとするジャパンカルチャーイベント「コスカレード」
  • 公式サークル みんなの歌詞
  • 公式サークル みんなの詩(ポエム)
  • 公式サークル みんなの小説(ノベル)
  • 公式サークル みんなのイラスト
  • 公式サークル みんなの写真(フォト)

サポートサイト

J@P