自作の歌詞・詩(ポエム)・小説(ノベル)等のクリエイティブ系コミュニティサイト

ようこそ ゲスト さん

投稿した小説(ノベル)にコメントがもらえるコミュニティ

小説(ノベル)

魔法少女いつき (執筆中)

作:にゃべ♪ / カテゴリ:ファンタジー / 投稿日:'16年5月9日 10:02
ページ数:703ページ / 表示回数:回 / 総合評価:0 / コメント:0件

[広告]

262

「アスタロトの事だよ。いつまた襲ってくるか」

「あいつ、もう襲って来ないって自分で言ってたじゃん」

「その言葉、信用出来ると思う?」

どうやらヴェルノはアスタロトがまたいつ襲ってくるか不安に感じているようだった。いつきは彼が言った言葉を信じて楽観的に振る舞っていたけど、同じ魔界の住人だったヴェルノはその言葉をどうにも信じきれないでいるようだ。その理由について思い当たる節があった彼女はついそれを口にする。

「あー、私に恨みはないだろけど、べるのには恨まれる理由があるもんねえ」

「やっぱり、もう僕はここにはいられない……」

そのいつきの言葉を聞いたヴェルノは作業を中断して振り返る。そして真剣な顔をして衝撃的な一言をいつきに告げるのだった。次にアスタロトが襲って来た時、自分では彼女を守りきれない、そう思っての判断なのだろうとは思うけど、その彼の決断を聞いたいつきは怒りをあらわにする。

「何言ってるのよ、ここまで巻き込んでおいて!」

「えっ?」

いつきのこの反応が想定外だったのか、ヴェルノは困惑していた。たじろぐ彼に彼女は更に言葉を続ける。

※この小説(ノベル)"魔法少女いつき"の著作権はにゃべ♪さんに属します。

この小説(ノベル)の評価
評価項目評価数
合計 0
[広告]

この小説(ノベル)のURLとリンクタグ

この小説(ノベル)のURL:
この小説(ノベル)のリンクタグ:

コメントを書く

登録済みのユーザーは ログイン してください。
登録済みでない方は 新規登録 してください。

新規メンバー登録(無料)
第4回みんなのライトノベルコンテスト「しまのわライトノベルコンテスト」
広島で開催!コスプレをはじめとするジャパンカルチャーイベント「コスカレード」
  • 公式サークル みんなの歌詞
  • 公式サークル みんなの詩(ポエム)
  • 公式サークル みんなの小説(ノベル)
  • 公式サークル みんなのイラスト
  • 公式サークル みんなの写真(フォト)

ランキング

※ここでは2018年5月17日のデイリー表示回数ランキングを表示しています。※同順位者が多すぎる場合はすべてを表示しきれない場合があります。

サポートサイト

J@P