自作の歌詞・詩(ポエム)・小説(ノベル)等のクリエイティブ系コミュニティサイト

ようこそ ゲスト さん

投稿した小説(ノベル)にコメントがもらえるコミュニティ

小説(ノベル)

21世紀初頭の日本の詩 (執筆中)

作:歌川四季 / カテゴリ:未分類 / 投稿日:'16年3月16日 22:24
ページ数:362ページ / 表示回数:回 / 総合評価:0 / コメント:0件

[広告]

後悔先に立たず

新聞に出ていた

そういえば

最近は全然出なくなったけど

どこかのマンションで

建物を支える杭が

強固な地盤まで届いておらず

傾いてしまったんだって

そして

工事のデータを改ざんしていたので

管理会社も気づかなかったんだって

(資料だけで管理してるとしたら

それはそれで疑問だけど)

最初は東日本大震災のせいだと

言っていたらしいけど

数本の杭が届いていないために

建物は全棟建て直しらしい

問題が起きれば

住民の生活を狂わせること

会社の信用を失墜させること

会社に巨額な損失が出ること

考えないこともなかっただろうけど

目先の楽を取ってしまったのだろうか?

納期が厳しいとか

予算が少ないとか

言い出しにくい空気があったのだろうか?

杭だけに

後悔先に立たず

※この小説(ノベル)"21世紀初頭の日本の詩"の著作権は歌川四季さんに属します。

この小説(ノベル)の評価
評価項目評価数
合計 0
[広告]

この小説(ノベル)のURLとリンクタグ

この小説(ノベル)のURL:
この小説(ノベル)のリンクタグ:

コメントを書く

登録済みのユーザーは ログイン してください。
登録済みでない方は 新規登録 してください。