自作の歌詞・詩(ポエム)・小説(ノベル)等のクリエイティブ系コミュニティサイト

ようこそ ゲスト さん

投稿した小説(ノベル)にコメントがもらえるコミュニティ

小説(ノベル)

21世紀初頭の日本の詩 (執筆中)

作:歌川四季 / カテゴリ:未分類 / 投稿日:'16年3月16日 22:24
ページ数:362ページ / 表示回数:回 / 総合評価:0 / コメント:0件

[広告]

カタカナ言葉

新聞によると

2020年東京五輪の費用負担をめぐり

競技会場を抱える東京都以外の自治体に

費用負担の懸念がでてきたらしい

五輪会場の見直し問題は結局、当初の案と変わらず

費用は元々、大会組織委員会や都、国が担う原則になっていたが

都知事が選んだ調査チームが「開催地負担」に言及し

東京都以外の自治体は約束が違うと猛反発し不快感を表明したらしい

都知事は

「『不快』という言葉を使われたが、わたしたちは、『深い』関係で、国民・県民・都民の皆さんに、ワクワク感を生み出していく」

といったとのこと

都知事といえば

カタカナ言葉が多いこともニュースになってた

「都民ファースト」とか「ワイズスペンディング」とか「パラダイムシフト」とか

漢字にすると

「都民第一」、「賢い支出」、「発想の転換」とかいう意味らしい

じゃあ

「ワクワク」って漢字にすると

「輪苦輪苦」って書くの?

※この小説(ノベル)"21世紀初頭の日本の詩"の著作権は歌川四季さんに属します。

この小説(ノベル)の評価
評価項目評価数
合計 0
[広告]

この小説(ノベル)のURLとリンクタグ

この小説(ノベル)のURL:
この小説(ノベル)のリンクタグ:

コメントを書く

登録済みのユーザーは ログイン してください。
登録済みでない方は 新規登録 してください。

新規メンバー登録(無料)
第4回みんなのライトノベルコンテスト「しまのわライトノベルコンテスト」
広島で開催!コスプレをはじめとするジャパンカルチャーイベント「コスカレード」
  • 公式サークル みんなの歌詞
  • 公式サークル みんなの詩(ポエム)
  • 公式サークル みんなの小説(ノベル)
  • 公式サークル みんなのイラスト
  • 公式サークル みんなの写真(フォト)

サポートサイト

J@P