自作の歌詞・詩(ポエム)・小説(ノベル)等のクリエイティブ系コミュニティサイト

ようこそ ゲスト さん

投稿した小説(ノベル)にコメントがもらえるコミュニティ

小説(ノベル)

魔法少女いつき (執筆中)

作:にゃべ♪ / カテゴリ:ファンタジー / 投稿日:'16年5月9日 10:02
ページ数:570ページ / 表示回数:回 / 総合評価:0 / コメント:0件

[広告]

第38話 第1接触 その4

折角の作戦を潰された彼女はヴェルノに訴える。

「だから、そんな感じで別の世界に逃げ込むとか、そう言うの出来ないの?」

「出来たらこんな物理的に逃げてないよ!」

いつきの質問に対し、ヴェルノは当然過ぎる答えを少しヤケ気味に叫んでいた。確かに何か手があるならそれをとっくに実行しているだろう。この訴えに一応は納得した彼女だったけど、すぐに別の疑問が頭に浮かんでそれを質問する。

「どうして?だってべるのは魔界からこの世界に来たんでしょ?」

「何?魔界に行こうって言うの?」

「別に魔界じゃなくても、この状況がどうにか出来るならどこでもいいよ!」

いつきはもうなりふりかまっていられなかった。今こうして激論を交わしている間にもアスタロトはずんずんと近付いて来ているのだ。この状況から逃れられるなら、もうどんな方法でもいいからそれを実行したかった。
しかし焦っているのはヴェルノだって同じだった。彼だってこの状況を何とかしたいと本気で思っている。それでも――。

「そうは言うけど、何も思い浮かばないんだよ!」

答えを求めるいつきにヴェルノが叫ぶ。

※この小説(ノベル)"魔法少女いつき"の著作権はにゃべ♪さんに属します。

この小説(ノベル)の評価
評価項目評価数
合計 0
[広告]

この小説(ノベル)のURLとリンクタグ

この小説(ノベル)のURL:
この小説(ノベル)のリンクタグ:

コメントを書く

登録済みのユーザーは ログイン してください。
登録済みでない方は 新規登録 してください。

新規メンバー登録(無料)
第4回みんなのライトノベルコンテスト「しまのわライトノベルコンテスト」
広島で開催!コスプレをはじめとするジャパンカルチャーイベント「コスカレード」
  • 公式サークル みんなの歌詞
  • 公式サークル みんなの詩(ポエム)
  • 公式サークル みんなの小説(ノベル)
  • 公式サークル みんなのイラスト
  • 公式サークル みんなの写真(フォト)

サポートサイト

J@P