自作の歌詞・詩(ポエム)・小説(ノベル)等のクリエイティブ系コミュニティサイト

ようこそ ゲスト さん

投稿した小説(ノベル)にコメントがもらえるコミュニティ

小説(ノベル)

魔法少女いつき (執筆中)

作:にゃべ♪ / カテゴリ:ファンタジー / 投稿日:'16年5月9日 10:02
ページ数:658ページ / 表示回数:回 / 総合評価:0 / コメント:0件

[広告]

236

彼はステッキ制作の為に普段は使っていない物置として使っている空き部屋で作業をしている。
一番神経を研ぎ澄まさなければいけないその作業の最中に、いつきは今の作業状況を確認しようとひょこっと脳天気に顔を出していた。
ヴェルノがステッキを作り始めてからいつきは帰宅時にはまずこの部屋に顔を出すのが日課になっている。

「べーるーのー。出来た?」

「まだだよ」

この毎度行われるやり取りに彼は毎回同じ言葉を機械的に返していた。その冷めた反応に対して、言われた方の彼女もやはり毎回同じ言葉を残して部屋を後にするのだった。

「そっかぁ……。うん、分かった。時間かかってるって事はいいものを作ってるって事だよね?期待してるからね!」

いつもならいつきのこの言葉には沈黙が返ってくるのだけど、今日は珍しくヴェルノからの返事が返って来た。

「期待はいいけど、出来た後で文句を言わないでよ……」

「言わない言わない」

反応に変化があったと言う事はきっとステッキが完成に近付いたのだろうと彼女は判断して、ひとり勝手に盛り上がる。

「あー楽しみだなあ」

※この小説(ノベル)"魔法少女いつき"の著作権はにゃべ♪さんに属します。

この小説(ノベル)の評価
評価項目評価数
合計 0
[広告]

この小説(ノベル)のURLとリンクタグ

この小説(ノベル)のURL:
この小説(ノベル)のリンクタグ:

コメントを書く

登録済みのユーザーは ログイン してください。
登録済みでない方は 新規登録 してください。

新規メンバー登録(無料)
第4回みんなのライトノベルコンテスト「しまのわライトノベルコンテスト」
広島で開催!コスプレをはじめとするジャパンカルチャーイベント「コスカレード」
  • 公式サークル みんなの歌詞
  • 公式サークル みんなの詩(ポエム)
  • 公式サークル みんなの小説(ノベル)
  • 公式サークル みんなのイラスト
  • 公式サークル みんなの写真(フォト)

サポートサイト

J@P