自作の歌詞・詩(ポエム)・小説(ノベル)等のクリエイティブ系コミュニティサイト

ようこそ ゲスト さん

投稿した小説(ノベル)にコメントがもらえるコミュニティ

小説(ノベル)

魔法少女いつき (執筆中)

作:にゃべ♪ / カテゴリ:ファンタジー / 投稿日:'16年5月9日 10:02
ページ数:656ページ / 表示回数:回 / 総合評価:0 / コメント:0件

[広告]

229

その力説を聞いたヴェルノは仕方ないと言う顔をしてはぁとため息をつく。それから理想通りのものを期待しないようにと彼女に自分の限界を伝えた。

「魔法が放出されるステッキ、言っとくけど僕の魔法レベルのものしか出来ないからね!」

「そこは……そんな贅沢は言わないよ。ステッキを振って何かが出来ればそれでいいから」

流石にいつきもヴェルノにそこまで無茶を押し付ける気はないようだ。この彼女の答えを聞いたヴェルノは一旦返事を飲み込んで……早速このリクエストに答える為に構想を練り始める。

「じゃあ……今から設計を含めて考えるから出来るまで待っててよ」

「作ってくれるの?やった!」

リクエストが受理されたいつきはすぐに表情が明るくなる。そんなキラキラ笑顔の彼女を目にして変に期待されてはかなわないと思ったヴェルノは何か言われてしまう前に牽制としてうまくいかない事を前提に考えて欲しい旨を彼女に伝えた。

「まず構想から、0から作るんだからね。そんな簡単に出来ると思わないでよ!」

「分かってるって!べるの先生!」

いつきの彼への呼び方が呼び捨てから先生に変わる。

※この小説(ノベル)"魔法少女いつき"の著作権はにゃべ♪さんに属します。

この小説(ノベル)の評価
評価項目評価数
合計 0
[広告]

この小説(ノベル)のURLとリンクタグ

この小説(ノベル)のURL:
この小説(ノベル)のリンクタグ:

コメントを書く

登録済みのユーザーは ログイン してください。
登録済みでない方は 新規登録 してください。