自作の歌詞・詩(ポエム)・小説(ノベル)等のクリエイティブ系コミュニティサイト

ようこそ ゲスト さん

投稿した小説(ノベル)にコメントがもらえるコミュニティ

小説(ノベル)

魔法少女いつき (執筆中)

作:にゃべ♪ / カテゴリ:ファンタジー / 投稿日:'16年5月9日 10:02
ページ数:666ページ / 表示回数:回 / 総合評価:0 / コメント:0件

[広告]

210

「え、ええっ?一体何の話でしょう?」

「誤魔化そうとしても目を見れば分かる。私はお前の師匠だぞ。一体何をやらかした?人前で魔法を見せるなどと……」

「あああっ!すみません。全部話します!ですから」

マルコの鋭い言葉に何もかも見透かされている気がして、清音は許しを請う。その彼女の慌てっぷりを見た彼は苦笑いをするとすぐにフォローした。

「ははは、何も責めている訳じゃない、もう解決した話なんだろう?どうもしないさ。ただ話を聞きたいだけだよ」

「はい、実は……」

マルコに優しく諭されて清音は先日のいつき襲撃事件を彼に洗いざらい話した。その話をマルコは黙ってうなずきながら聞いていく。

「ほう、隣町に魔法生物……名前はヴェルノだと……。これは愉快な縁だな」

「師匠?今なんと?」

彼の漏らした言葉を清音は聞き漏らさなかった。
けれどマルコはその事は華麗にスルーして彼女の労をねぎらった。

「ああ、いや、こちらの話だ。しかし災難だったな」

「いえ、あれは全部私が悪いんです。魔法少女なんかに未練があったから」

優しい言葉をかけられて清音は恐縮する。

※この小説(ノベル)"魔法少女いつき"の著作権はにゃべ♪さんに属します。

この小説(ノベル)の評価
評価項目評価数
合計 0
[広告]

この小説(ノベル)のURLとリンクタグ

この小説(ノベル)のURL:
この小説(ノベル)のリンクタグ:

コメントを書く

登録済みのユーザーは ログイン してください。
登録済みでない方は 新規登録 してください。