自作の歌詞・詩(ポエム)・小説(ノベル)等のクリエイティブ系コミュニティサイト

ようこそ ゲスト さん

投稿した小説(ノベル)にコメントがもらえるコミュニティ

小説(ノベル)

魔法少女いつき (執筆中)

作:にゃべ♪ / カテゴリ:ファンタジー / 投稿日:'16年5月9日 10:02
ページ数:658ページ / 表示回数:回 / 総合評価:0 / コメント:0件

[広告]

198

「だから最初に言ったじゃん、危険だって」

「はぁ、今回は本当にうまくいって良かったよ」

真相を知ったいつきは今回の幸運を天に感謝していた。ヴェルノはヒョイッと机の上に駆け上って彼女に少し強い口調で注意する。

「今度からは僕の忠告もちゃんと聞いてよ!何かあってからじゃ遅いんだから!」

「うん、分かった、気をつける」

彼が自分の事を本気で心配している事を知って、いつきは忠告を真剣に聞かなかった事を反省した。
それでもこれはもう全て終わった事なので、今度からは気をつけると言う事で今回の件の反省会もこれでお開きと言う事になった。


「……これで人間界と通信出来るようになるんですの?」

「ああ、後は向こうの許可を得るだけだ」

場所はここではないどこか。ある親子が謎の通信装置を目の前にして会話をしている。人間界と言う言葉が飛び出している事から、そこは異界である事は間違いなさそうだ。そして人間界とも縁の深い異界である事も。

「父様は人間界にツテが?」

「古い知り合いがいる、任せておきなさい」

この親子はどうやら人間界の誰かに向けて通信をしたいようだった。

※この小説(ノベル)"魔法少女いつき"の著作権はにゃべ♪さんに属します。

この小説(ノベル)の評価
評価項目評価数
合計 0
[広告]

この小説(ノベル)のURLとリンクタグ

この小説(ノベル)のURL:
この小説(ノベル)のリンクタグ:

コメントを書く

登録済みのユーザーは ログイン してください。
登録済みでない方は 新規登録 してください。

新規メンバー登録(無料)
第4回みんなのライトノベルコンテスト「しまのわライトノベルコンテスト」
広島で開催!コスプレをはじめとするジャパンカルチャーイベント「コスカレード」
  • 公式サークル みんなの歌詞
  • 公式サークル みんなの詩(ポエム)
  • 公式サークル みんなの小説(ノベル)
  • 公式サークル みんなのイラスト
  • 公式サークル みんなの写真(フォト)

サポートサイト

J@P