自作の歌詞・詩(ポエム)・小説(ノベル)等のクリエイティブ系コミュニティサイト

ようこそ ゲスト さん

投稿した小説(ノベル)にコメントがもらえるコミュニティ

小説(ノベル)

魔法少女いつき (執筆中)

作:にゃべ♪ / カテゴリ:ファンタジー / 投稿日:'16年5月9日 10:02
ページ数:703ページ / 表示回数:回 / 総合評価:0 / コメント:0件

[広告]

191

夢魔はどれだけ攻撃を繰り出しても一向にいつきを倒せない事に苛々していた。

「くそっくそっくそっ!」

夢魔が焦れば焦る程攻撃の精度は落ち、いつきが避けるもの楽になっていく。少し余裕が出来た彼女は夢魔を挑発した。

「あ、あんたの攻撃なんて当たらないわよっ!」

この様子を客観的に見ていたヴェルノはいつきの回避能力もギリギリだと見抜き、その内夢魔の攻撃が当たってしまうんじゃないかとハラハラしていた。

「ギリギリじゃないか……避けるだけじゃダメだぞ!」

「わ、分かってるよっ!タイミングがちょい合わないだけ!あっ!」

いつきがこの彼の言葉に弁明していたその時、少しの読みの外れで夢魔の攻撃が彼女に直撃する。その様子を見てヴェルノは叫んだ。

「いつきーっ!」

夢魔の攻撃の直撃を受けていつきはネバネバまみれになった。この攻撃による肉体的ダメージはほぼないものの、彼女の精神的ダメージはかなりのものだろうと推測された。この成果を受けて夢魔はドヤ顔で彼女に宣言する。

「やっと当たった!どうだ!痛い目に遭いたくなけりゃ……」

※この小説(ノベル)"魔法少女いつき"の著作権はにゃべ♪さんに属します。

この小説(ノベル)の評価
評価項目評価数
合計 0
[広告]

この小説(ノベル)のURLとリンクタグ

この小説(ノベル)のURL:
この小説(ノベル)のリンクタグ:

コメントを書く

登録済みのユーザーは ログイン してください。
登録済みでない方は 新規登録 してください。

新規メンバー登録(無料)
第4回みんなのライトノベルコンテスト「しまのわライトノベルコンテスト」
広島で開催!コスプレをはじめとするジャパンカルチャーイベント「コスカレード」
  • 公式サークル みんなの歌詞
  • 公式サークル みんなの詩(ポエム)
  • 公式サークル みんなの小説(ノベル)
  • 公式サークル みんなのイラスト
  • 公式サークル みんなの写真(フォト)

ランキング

※ここでは2018年5月17日のデイリー表示回数ランキングを表示しています。※同順位者が多すぎる場合はすべてを表示しきれない場合があります。

サポートサイト

J@P