自作の歌詞・詩(ポエム)・小説(ノベル)等のクリエイティブ系コミュニティサイト

ようこそ ゲスト さん

投稿した小説(ノベル)にコメントがもらえるコミュニティ

小説(ノベル)

魔法少女いつき (執筆中)

作:にゃべ♪ / カテゴリ:ファンタジー / 投稿日:'16年5月9日 10:02
ページ数:703ページ / 表示回数:回 / 総合評価:0 / コメント:0件

[広告]

187

「何言ってんだお前?ここに入って来たから同類かと思っていたが、お前、祓師か何かか?」

夢魔はいつきに対してメンチを切りながら文句を言って来た。この言葉にいつきもちょっとだけ気を悪くする。

「私は魔法少女!困っている人はほっとけないの!ま、たぬ吉は人じゃないけど」

「魔法少女?聞いた事ないなぁ。俺を追い出したいなら腕尽くで来な!」

魔法少女と言う言葉を聞いた夢魔はその言葉に心当たりはないようで、逆に彼女を挑発する始末だった。この結果にいつきは自分の話術では説得は無理と判断してヴェルノに助言を求める。

「どうしよう、話が通じないよ!」

この言葉にヴェルノはハァとため息を付いて、呆れながら彼女に事の道理を説いた。

「当たり前だって。相手は夢魔なんだから。シロアリに家をかじらないでってお願いして聞いてくれると思う?そう言う事だよ」

「いやシロアリとは会話出来ないじゃん。意思疎通が出来ればシロアリとも分かり合えるかも……」

ヴェルノの言葉に少し納得いかないものを感じたいつきは彼女なりの理論を展開する。この言葉を聞いたヴェルノは自分の話が通じていないと少し落胆した。

※この小説(ノベル)"魔法少女いつき"の著作権はにゃべ♪さんに属します。

この小説(ノベル)の評価
評価項目評価数
合計 0
[広告]

この小説(ノベル)のURLとリンクタグ

この小説(ノベル)のURL:
この小説(ノベル)のリンクタグ:

コメントを書く

登録済みのユーザーは ログイン してください。
登録済みでない方は 新規登録 してください。

新規メンバー登録(無料)
第4回みんなのライトノベルコンテスト「しまのわライトノベルコンテスト」
広島で開催!コスプレをはじめとするジャパンカルチャーイベント「コスカレード」
  • 公式サークル みんなの歌詞
  • 公式サークル みんなの詩(ポエム)
  • 公式サークル みんなの小説(ノベル)
  • 公式サークル みんなのイラスト
  • 公式サークル みんなの写真(フォト)

ランキング

※ここでは2018年5月17日のデイリー表示回数ランキングを表示しています。※同順位者が多すぎる場合はすべてを表示しきれない場合があります。

サポートサイト

J@P