自作の歌詞・詩(ポエム)・小説(ノベル)等のクリエイティブ系コミュニティサイト

ようこそ ゲスト さん

投稿した小説(ノベル)にコメントがもらえるコミュニティ

小説(ノベル)

魔法少女いつき (執筆中)

作:にゃべ♪ / カテゴリ:ファンタジー / 投稿日:'16年5月9日 10:02
ページ数:666ページ / 表示回数:回 / 総合評価:0 / コメント:0件

[広告]

第29話 妖怪からの依頼 その4

焦った彼女は早速ヴェルノにアドバイスを求める。

「ど、どうすればいいの?話し合い?」

「相手の出方次第かな?ま、話し合いなんてヌルい方法は多分通じないと思うけど」

その彼女の質問にヴェルノはちょっと突き放すように答える。この何の役にも立たないようなアドバイスにいつきは困惑してしまった。
2人のやり取りを見ていて自分が無視されているように感じた夢魔はかなり気を悪くする。

「お前ら、さっきから一体何を話している?」

夢魔から声をかけられ、仕方なく彼女は色々気になる事を質問し始めた。

「あの~、夢魔さんですよね?どうしてたぬ吉さんの夢に?」

「は?どうしてだあ?気持ちいいからに決まってるだろ?具合がいいんだよ、この狸の夢の中はよ!」

この夢魔の話によるとたぬ吉の夢の中はとても居心地の良いものらしい。その理由から夢魔の性格がかなりゲスい事が伺われた。いつきはダメ元でこの夢魔に対して説得を試みる。

「あの~、たぬ吉さんも困っていますし、出て行ってもらえません?」

これで夢魔がすんなり出て行くと言う事はないだろうと思ってはいたものの、案の定彼女の想定通りの結果になった。

※この小説(ノベル)"魔法少女いつき"の著作権はにゃべ♪さんに属します。

この小説(ノベル)の評価
評価項目評価数
合計 0
[広告]

この小説(ノベル)のURLとリンクタグ

この小説(ノベル)のURL:
この小説(ノベル)のリンクタグ:

コメントを書く

登録済みのユーザーは ログイン してください。
登録済みでない方は 新規登録 してください。