自作の歌詞・詩(ポエム)・小説(ノベル)等のクリエイティブ系コミュニティサイト

ようこそ ゲスト さん

投稿した小説(ノベル)にコメントがもらえるコミュニティ

小説(ノベル)

魔法少女いつき (執筆中)

作:にゃべ♪ / カテゴリ:ファンタジー / 投稿日:'16年5月9日 10:02
ページ数:703ページ / 表示回数:回 / 総合評価:0 / コメント:0件

[広告]

135

「あれでよく学年主任やっていけてるよね」

ざわつく教室内でいつき達2人も学年主任の態度をさかなに会話を楽しんでいた。この教室のざわつきはしばらくの時間続いた。

「えー、では話を切り替えて、早速授業を始めましょう。後、占いの話は聞かなかった事にしてね」

クラスのざわつきが一向に終わらないので、玉井先生がそのよく通る声で授業を始めようとみんなに話しかけた。
けれどそのその最後の言葉に教室内は更にヒートアップ!先生の占いについて様々な意見が飛び交う事態になってしまう。

「もう覚えちゃいましたー」
「占いってよく当たるんですかー?」
「今日のおうし座の運勢を教えてくださーい!」
「大地震はいつ来ますかー?」

飛び交う生徒たちの意見もみんなバラバラで、中にはそれ占いの範囲じゃないだろって言うようなものも混じっていた。最初の内こそ玉井先生は耐えていたみたいだけど、一向にこの混乱が終わらないので先生のストレスはどんどん溜まっていくように見えた。きっとこうなる展開が見えていたから先生は占い師だった事を秘密にして欲しいとお願いしたんだろう。
そして先生の堪忍袋の尾は意外に脆かった。

※この小説(ノベル)"魔法少女いつき"の著作権はにゃべ♪さんに属します。

この小説(ノベル)の評価
評価項目評価数
合計 0
[広告]

この小説(ノベル)のURLとリンクタグ

この小説(ノベル)のURL:
この小説(ノベル)のリンクタグ:

コメントを書く

登録済みのユーザーは ログイン してください。
登録済みでない方は 新規登録 してください。

新規メンバー登録(無料)
第4回みんなのライトノベルコンテスト「しまのわライトノベルコンテスト」
広島で開催!コスプレをはじめとするジャパンカルチャーイベント「コスカレード」
  • 公式サークル みんなの歌詞
  • 公式サークル みんなの詩(ポエム)
  • 公式サークル みんなの小説(ノベル)
  • 公式サークル みんなのイラスト
  • 公式サークル みんなの写真(フォト)

ランキング

※ここでは2018年5月17日のデイリー表示回数ランキングを表示しています。※同順位者が多すぎる場合はすべてを表示しきれない場合があります。

サポートサイト

J@P