自作の歌詞・詩(ポエム)・小説(ノベル)等のクリエイティブ系コミュニティサイト

ようこそ ゲスト さん

投稿した小説(ノベル)にコメントがもらえるコミュニティ

小説(ノベル)

魔法少女いつき (執筆中)

作:にゃべ♪ / カテゴリ:ファンタジー / 投稿日:'16年5月9日 10:02
ページ数:652ページ / 表示回数:回 / 総合評価:0 / コメント:0件

[広告]

108

どこからともなくいつきに向かって何かが投げられて来た。それを投げたのは勿論彼女を監視していたあの男だった。彼はいつき達が散歩で人気のない場所に差し掛かって来たところを見計らって行動を開始したのだ。
男の投げた玉はいつきの側に落ちて爆発した。威力こそ大したものでなかったものの、煙と音が大きくて、それは威力を勘違いさせるのに十分なものがあった。

「うわっ!何っ!」

(変身して!飛んで逃げよう!)

自分の近くに爆弾が飛んで来たと思ったヴェルノは、身の危険を感じていつきに飛んで逃げるように提案する。この状況だとそれは一番適切な行動だと彼は判断したのだ。
けれどその言葉に返って来たいつきの返事はヴェルノを落胆させる。

「こんな街中で変身とか、ヤダ!」

(そんな事言ってる場合じゃないよ!)

いつきは真っ昼間から変身するのを嫌がった。今まで彼女は外では夜にしか変身した事はない。そう言う事もあって、明るい中で外で変身するのを嫌がるのも仕方のない話かも知れなかった。
けれど謎の男からの爆裂玉の攻撃は続いている。ここでじっとしているのが危険な事には変わりなかった。

※この小説(ノベル)"魔法少女いつき"の著作権はにゃべ♪さんに属します。

この小説(ノベル)の評価
評価項目評価数
合計 0
[広告]

この小説(ノベル)のURLとリンクタグ

この小説(ノベル)のURL:
この小説(ノベル)のリンクタグ:

コメントを書く

登録済みのユーザーは ログイン してください。
登録済みでない方は 新規登録 してください。

新規メンバー登録(無料)
第4回みんなのライトノベルコンテスト「しまのわライトノベルコンテスト」
広島で開催!コスプレをはじめとするジャパンカルチャーイベント「コスカレード」
  • 公式サークル みんなの歌詞
  • 公式サークル みんなの詩(ポエム)
  • 公式サークル みんなの小説(ノベル)
  • 公式サークル みんなのイラスト
  • 公式サークル みんなの写真(フォト)

サポートサイト

J@P