自作の歌詞・詩(ポエム)・小説(ノベル)等のクリエイティブ系コミュニティサイト

ようこそ ゲスト さん

投稿した小説(ノベル)にコメントがもらえるコミュニティ

小説(ノベル)

21世紀初頭の日本の詩 (執筆中)

作:歌川四季 / カテゴリ:未分類 / 投稿日:'16年3月16日 22:24
ページ数:362ページ / 表示回数:回 / 総合評価:0 / コメント:0件

[広告]

凍結しない

ニュースで

福島第一原発の凍土壁が

凍結しない

と出ていた

地中に氷の壁を作って

地下水が汚染されないよう

流れを変えようとしたんだって

そんな中

四国の原発は再稼働するらしい

原発はコストが安いというが

今回の凍土壁は350億円税金が使われているという

運用にも年間20億円税金がかかるという

もんじゅという高速増殖炉とやらは

すでに1兆円超税金が使われて

運用に年間200億円税金がかかっているというが

事故ってばかりで

負の遺産にしかみえない

核のゴミは溜まる一方だが

処分場の場所すら決まっていない

補償金や

補助金や

それらは電気料金に含まれず

税金で払われているという

電気料金が安くても

税金が高くなりゃ

国民からしたら

意味ないでしょ

一回ちゃんと

全部、電気代にしたとして

計算し直した方がよくない?

それでも

凍結しない

ほとぼりが冷めたころ

しれっと元通り

問題が起きれば

湯水の如く

税金が投入されるってのに

それでも

凍結しない

氷らない

だけでなく

ほんと

懲りない

※この小説(ノベル)"21世紀初頭の日本の詩"の著作権は歌川四季さんに属します。

この小説(ノベル)の評価
評価項目評価数
合計 0
[広告]

この小説(ノベル)のURLとリンクタグ

この小説(ノベル)のURL:
この小説(ノベル)のリンクタグ:

コメントを書く

登録済みのユーザーは ログイン してください。
登録済みでない方は 新規登録 してください。

新規メンバー登録(無料)
第4回みんなのライトノベルコンテスト「しまのわライトノベルコンテスト」
広島で開催!コスプレをはじめとするジャパンカルチャーイベント「コスカレード」
  • 公式サークル みんなの歌詞
  • 公式サークル みんなの詩(ポエム)
  • 公式サークル みんなの小説(ノベル)
  • 公式サークル みんなのイラスト
  • 公式サークル みんなの写真(フォト)

サポートサイト

J@P