自作の歌詞・詩(ポエム)・小説(ノベル)等のクリエイティブ系コミュニティサイト

ようこそ ゲスト さん

投稿した小説(ノベル)にコメントがもらえるコミュニティ

小説(ノベル)

魔法少女いつき (執筆中)

作:にゃべ♪ / カテゴリ:ファンタジー / 投稿日:'16年5月9日 10:02
ページ数:567ページ / 表示回数:回 / 総合評価:0 / コメント:0件

[広告]

81

「えっ、何これ!何これェェェェ……」

いつきはレイゼンが起こした次元の歪みに吸い込まれながら、事態が飲み込めずに叫んでいた。
気がつくとその場にいた全員が異次元空間に放り込まれていた。
とんでもない事をしでかしたとレイゼンはいつき達にもう一度土下座して謝罪する。

「あああっ!申し訳ないでござる!まさかこんな突然発動するとは……巻き込むつもりはなかったでござる。それだけは信用して欲しい」

「うん、レイゼンさん、そんな人じゃないもんね。でも説明はして欲しいかな」

いつきは優しく笑いながらそう言って、レイゼンに顔を上げるように促した。それからこうなった経緯の説明を彼に求めた。
許された彼は彼女のその寛大な処置に感謝の言葉を述べ、喋り始める。

「かたじけない。それでは少々長い話になるのだが……実は私はこの時代の人間ではないのでござる」

いや、それは知ってるし……といつきとヴェルノはレイゼンの言葉に心の中でツッコミを入れる。
このツッコミは言葉にはならなかったので彼の耳には届かず、お構いなしに話は続いたのだった。

※この小説(ノベル)"魔法少女いつき"の著作権はにゃべ♪さんに属します。

この小説(ノベル)の評価
評価項目評価数
合計 0
[広告]

この小説(ノベル)のURLとリンクタグ

この小説(ノベル)のURL:
この小説(ノベル)のリンクタグ:

コメントを書く

登録済みのユーザーは ログイン してください。
登録済みでない方は 新規登録 してください。

新規メンバー登録(無料)
第4回みんなのライトノベルコンテスト「しまのわライトノベルコンテスト」
広島で開催!コスプレをはじめとするジャパンカルチャーイベント「コスカレード」
  • 公式サークル みんなの歌詞
  • 公式サークル みんなの詩(ポエム)
  • 公式サークル みんなの小説(ノベル)
  • 公式サークル みんなのイラスト
  • 公式サークル みんなの写真(フォト)

サポートサイト

J@P