自作の歌詞・詩(ポエム)・小説(ノベル)等のクリエイティブ系コミュニティサイト

ようこそ ゲスト さん

投稿した小説(ノベル)にコメントがもらえるコミュニティ

小説(ノベル)

21世紀初頭の日本の詩 (執筆中)

作:歌川四季 / カテゴリ:未分類 / 投稿日:'16年3月16日 22:24
ページ数:362ページ / 表示回数:回 / 総合評価:0 / コメント:0件

[広告]

がまん にっぽん お金ばなし19

働いているのに

給料が下がっていくよりは

少しでも上がった方が

やる気は出るよね

だからある程度はお金を刷って

給料や年金が少しずつ上がっていくようにするのは

いいことだと思う

だけど

じゃんじゃんお金を刷り続け

かつ

これまで大企業の貯めこんだ

何百兆円という

内部留保が

やがて

なんらかのきっかけで

どっと市場へ溢れ出すと

いつか大洪水

給料や年金は上がるかもしれないし

株価も上がるかもしれないけど

物価も跳ね上がって

これまで汗水垂らして

働いて貯めてきたお金は

すずめの涙になるかもしれないってこと

かといって

なけなしのお金で

下手に資産運用なんて手を出したら

年金資金ウン兆円やファンドの莫大な資金力の前に

自己責任の名のもとに

根こそぎ吸い上げられるかもしれないってこと

※この小説(ノベル)"21世紀初頭の日本の詩"の著作権は歌川四季さんに属します。

この小説(ノベル)の評価
評価項目評価数
合計 0
[広告]

この小説(ノベル)のURLとリンクタグ

この小説(ノベル)のURL:
この小説(ノベル)のリンクタグ:

コメントを書く

登録済みのユーザーは ログイン してください。
登録済みでない方は 新規登録 してください。

新規メンバー登録(無料)
第4回みんなのライトノベルコンテスト「しまのわライトノベルコンテスト」
広島で開催!コスプレをはじめとするジャパンカルチャーイベント「コスカレード」
  • 公式サークル みんなの歌詞
  • 公式サークル みんなの詩(ポエム)
  • 公式サークル みんなの小説(ノベル)
  • 公式サークル みんなのイラスト
  • 公式サークル みんなの写真(フォト)

サポートサイト

J@P