自作の歌詞・詩(ポエム)・小説(ノベル)等のクリエイティブ系コミュニティサイト

ようこそ ゲスト さん

投稿した小説(ノベル)にコメントがもらえるコミュニティ

小説(ノベル)

魔法少女いつき (執筆中)

作:にゃべ♪ / カテゴリ:ファンタジー / 投稿日:'16年5月9日 10:02
ページ数:666ページ / 表示回数:回 / 総合評価:0 / コメント:0件

[広告]

65

その結果を知っていつきは胸をなでおろした。
彼の無事を知って魔女は大声でヴェルノに大袈裟に謝罪した。

「魔法生物様!ご無事で!先程は大変失礼しました!」

「おねーさん?」

「いつき、この人誰?」

そう言えばさっきからずっとヴェルノはいつきに魔女の事を聞いていた。その事に気付いた彼女はヴェルノにこの魔女の説明をする。
出来るだけ的確に、出来るだけ簡単に。適切な言葉を選んで、余計な感情を廃して。

「ああ、この人は私の身体を狙う魔女」

「なっ、何を……」

「別に間違ってないじゃないの」

いつきの的確過ぎる説明に魔女は焦ってしまった。間違いではなかったものの、それは最初の計画での話だ。彼女が魔法生物と関わっている事が分かった今、魔女の頭の中に最初の計画を遂行する気持ちは綺麗サッパリ消えてしまっていた。
だからこそ、それを分かってもらおうと魔女はヴェルノに必死に弁明をするのだった。

「あ、あの違うんです、魔法生物様のお知り合いだと知っていれば決してそんな」

「あの、僕の事はヴェルノって呼んでくれないかな」

ヴェルノに先に名前を名乗られて魔女は更に焦ってしまった。

※この小説(ノベル)"魔法少女いつき"の著作権はにゃべ♪さんに属します。

この小説(ノベル)の評価
評価項目評価数
合計 0
[広告]

この小説(ノベル)のURLとリンクタグ

この小説(ノベル)のURL:
この小説(ノベル)のリンクタグ:

コメントを書く

登録済みのユーザーは ログイン してください。
登録済みでない方は 新規登録 してください。