自作の歌詞・詩(ポエム)・小説(ノベル)等のクリエイティブ系コミュニティサイト

ようこそ ゲスト さん

投稿した小説(ノベル)にコメントがもらえるコミュニティ

小説(ノベル)

魔法少女いつき (執筆中)

作:にゃべ♪ / カテゴリ:ファンタジー / 投稿日:'16年5月9日 10:02
ページ数:567ページ / 表示回数:回 / 総合評価:0 / コメント:0件

[広告]

45

「うぇ~。一体どうしたらいいんだ~」

ヴェルノが困っていると、突然いつきの部屋のドアが勢い良く開いた。ずっと言い忘れていたけど、実はこの部屋、鍵がついていない。
だから両親はいきなりこの部屋に入る事が出来る。プライバシーも何もあったものじゃないね。ただ、いきなり開けるの母親位のものだけど。
そんな訳で、この時にドアを開けたのも彼女の母親だった。

「いつまで寝てるの!起きなさいっ!」

いつきの母はそう叫ぶのと同時に、勢い良く寝ている彼女の掛け布団を取り払った。その刺激で一気に目が覚めるいつき。

「うひゃあ!あ、お母さんおはよ。もう余裕ない?」

「時間は自分で確認!すぐに支度しなさい!朝ごはんはもうとっくに出来てるよ!」

いつきの母は言いたい事をマシンガンのように一方的に言い尽くすと、すぐに向きを変えて彼女の部屋から出て行った。
まるで嵐が去った後のように、その後はまたすぐに静寂が訪れる。

「まだ10分も余裕がある~寝よ」

「ダメだってば!」

よろよろと時間を確認したいつきがまた寝ようとしたので、ヴェルノは仕方なく魔法を使った。

※この小説(ノベル)"魔法少女いつき"の著作権はにゃべ♪さんに属します。

この小説(ノベル)の評価
評価項目評価数
合計 0
[広告]

この小説(ノベル)のURLとリンクタグ

この小説(ノベル)のURL:
この小説(ノベル)のリンクタグ:

コメントを書く

登録済みのユーザーは ログイン してください。
登録済みでない方は 新規登録 してください。

新規メンバー登録(無料)
第4回みんなのライトノベルコンテスト「しまのわライトノベルコンテスト」
広島で開催!コスプレをはじめとするジャパンカルチャーイベント「コスカレード」
  • 公式サークル みんなの歌詞
  • 公式サークル みんなの詩(ポエム)
  • 公式サークル みんなの小説(ノベル)
  • 公式サークル みんなのイラスト
  • 公式サークル みんなの写真(フォト)

サポートサイト

J@P