自作の歌詞・詩(ポエム)・小説(ノベル)等のクリエイティブ系コミュニティサイト

ようこそ ゲスト さん

投稿した小説(ノベル)にコメントがもらえるコミュニティ

小説(ノベル)

魔法少女いつき (執筆中)

作:にゃべ♪ / カテゴリ:ファンタジー / 投稿日:'16年5月9日 10:02
ページ数:570ページ / 表示回数:回 / 総合評価:0 / コメント:0件

[広告]

39

急上昇、急下降、きりもみ回転――。自分の思うように自由に空を飛べる快感に彼女は夢中になっていた。

「たのしーい!面白ーい!」

「うぅ……苦ぢい……」

いつきの胸の中でヴェルノはこの飛行に付き合ってる訳で……彼はもうグロッキーになっていた。
その間、約30分ほどだろうか……。さんざん飛行を楽しんで満足したいつきはそれからやっとまっすぐに学校へと向かった。

「うふふ、流石に私がこの時間に学校に来るとは誰も思わないでしょ」

電気の消えた誰もいない学校は流石に不気味そのもの。校舎に入れば防犯装置が作動して警備会社がやってくるんだろうけど、流石に校庭に入ったくらいじゃ防犯装置は動かない。そもそもそんなものは校庭に設置されていない。いつきは悠々と歩いてポールに例の箱を設置する。

折角魔法少女の状態で来たので、ここは魔法の力を借りてポールの中にこの装置を埋め込む事にした。これなら絶対に剥がされる事もないし。
ポールに箱を押し付けるとむにゅっとした感覚と共にゆっくりとそのままめり込んでいく。やがて箱は難なくポールの中に全て入り込んでいった。

※この小説(ノベル)"魔法少女いつき"の著作権はにゃべ♪さんに属します。

この小説(ノベル)の評価
評価項目評価数
合計 0
[広告]

この小説(ノベル)のURLとリンクタグ

この小説(ノベル)のURL:
この小説(ノベル)のリンクタグ:

コメントを書く

登録済みのユーザーは ログイン してください。
登録済みでない方は 新規登録 してください。

新規メンバー登録(無料)
第4回みんなのライトノベルコンテスト「しまのわライトノベルコンテスト」
広島で開催!コスプレをはじめとするジャパンカルチャーイベント「コスカレード」
  • 公式サークル みんなの歌詞
  • 公式サークル みんなの詩(ポエム)
  • 公式サークル みんなの小説(ノベル)
  • 公式サークル みんなのイラスト
  • 公式サークル みんなの写真(フォト)

サポートサイト

J@P