自作の歌詞・詩(ポエム)・小説(ノベル)等のクリエイティブ系コミュニティサイト

ようこそ ゲスト さん

投稿した小説(ノベル)にコメントがもらえるコミュニティ

小説(ノベル)

魔法少女いつき (執筆中)

作:にゃべ♪ / カテゴリ:ファンタジー / 投稿日:'16年5月9日 10:02
ページ数:666ページ / 表示回数:回 / 総合評価:0 / コメント:0件

[広告]

10

「べるの、貴方は本当にそれでいいの?もっと別に行く所とか」

「いや、行く宛なんて最初からなかったんだ。こうなったのは願ったり叶ったりだよ。それと僕の名前はヴェルノだから。"ヴェ"ね」

「あんたなんてべるので十分よ、本当に勝手なんだから」

「さてさて、いつき、貴女勉強の方は大丈夫なの?もうすぐ中間テストがあるんだからしっか…」

「はいはーい!勉強してきまーす!」

いつきは母親の説教が始まる予感がしたのでうるさい話が始まる前に自室へと避難した。ヴェルノを連れて。
自室に戻ったいつきは椅子に座って大人しく教科書を広げ…たりはせずにヴェルノを目の前の机に座らせて話を始める。

「あーもう、どうしてこうなっちゃうのよ!言っとくけど私、貴方を飼うつもりなんて全然ないんですけど」

「でもお母さんは認めてくれたよ。お願い、ここにいさせてよ。僕に出来る事なら何でもするから」

「ん?今何でもって言ったよね?じゃあ何が出来るの?魔法生物って言うけど魔法が使えるとか?」

「そりゃ勿論使えるよ。あんまり大袈裟な事は出来ないけど…」

※この小説(ノベル)"魔法少女いつき"の著作権はにゃべ♪さんに属します。

この小説(ノベル)の評価
評価項目評価数
合計 0
[広告]

この小説(ノベル)のURLとリンクタグ

この小説(ノベル)のURL:
この小説(ノベル)のリンクタグ:

コメントを書く

登録済みのユーザーは ログイン してください。
登録済みでない方は 新規登録 してください。