自作の歌詞・詩(ポエム)・小説(ノベル)等のクリエイティブ系コミュニティサイト

ようこそ ゲスト さん

投稿した小説(ノベル)にコメントがもらえるコミュニティ

小説(ノベル)

魔法少女いつき (執筆中)

作:にゃべ♪ / カテゴリ:ファンタジー / 投稿日:'16年5月9日 10:02
ページ数:567ページ / 表示回数:回 / 総合評価:0 / コメント:0件

[広告]

第2話 魔法少女の誕生 前編

「その生き物は何?翼の生えた猫なんて初めて見るんだけど」

いつきの母親の鋭い指摘。その指摘にすぐに反応したのはヴェルノだった。いつきは結局具体的な事は何も言えずに沈黙していた。

「初めましてお母さん、僕の名前はヴェルノです」

「あらあら、よく出来ているわねぇ。どこの会社が出してるの?」

「いや、ロボットじゃないし」

ここでいつきのツッコミが入った。母親は物事はすぐ受け入れるもののいつも自分基準で勝手に納得しがちな傾向があるのだ。
この母親にどうやって説明したらいいのか、したところで素直に受け入れてくれるのか…一種の賭けみたいな部分はあった。
でも肉親に嘘はつきたくない。いつきは思い切ってその賭けに乗ってみる事にした。

「あのね、べるのは魔法生物なの!ゴミ置き場で拾ってきちゃった!」

「えぇ!ゴミ置き場に捨ててあったの?衛生面とか大丈夫?」

「いえあのお母さん?僕は捨てられたんじゃなくて捨てて来たんです、家を。それで彼女に救われたんです」

ヴェルノは改めて自分がこの世界に来た理由を説明した。そしていつきに救われたと言う事も。
彼の言葉を聞いて母親ははぁとひとつため息をついて言葉を漏らす。

※この小説(ノベル)"魔法少女いつき"の著作権はにゃべ♪さんに属します。

この小説(ノベル)の評価
評価項目評価数
合計 0
[広告]

この小説(ノベル)のURLとリンクタグ

この小説(ノベル)のURL:
この小説(ノベル)のリンクタグ:

コメントを書く

登録済みのユーザーは ログイン してください。
登録済みでない方は 新規登録 してください。

新規メンバー登録(無料)
第4回みんなのライトノベルコンテスト「しまのわライトノベルコンテスト」
広島で開催!コスプレをはじめとするジャパンカルチャーイベント「コスカレード」
  • 公式サークル みんなの歌詞
  • 公式サークル みんなの詩(ポエム)
  • 公式サークル みんなの小説(ノベル)
  • 公式サークル みんなのイラスト
  • 公式サークル みんなの写真(フォト)

サポートサイト

J@P