自作の歌詞・詩(ポエム)・小説(ノベル)等のクリエイティブ系コミュニティサイト

ようこそ ゲスト さん

投稿した小説(ノベル)にコメントがもらえるコミュニティ

小説(ノベル)

魔法少女いつき (執筆中)

作:にゃべ♪ / カテゴリ:ファンタジー / 投稿日:'16年5月9日 10:02
ページ数:567ページ / 表示回数:回 / 総合評価:0 / コメント:0件

[広告]

どうやらヴェルノは自分の名前に拘りがある御様子。注意されたいつきの方はと言えばそんな事はともかくとしてこの喋る謎の生き物を今後どうしたら良いのかそればかりを考えていた。
普通のペットならそのまま親を説得して飼う事も出来るだろうけど…目の前の生き物は普通じゃない。

人語を解する生き物なんてもしそれが存在する事が世間にバレたら世間の注目を浴びてしまう。テレビとかで話題になって最後は興味を持った謎の研究施設に実験生物として連れ去られ、いいように扱われてしまうんだ…。彼女はちょっと妄想が激しかった。

「ところで厚かましいお願いなんだけど聞いてくれるかい?」

頭の中で思考がスパークしているいつきにヴェルノが話しかけて来た。
ワンテンポ遅れて彼女が反応する。

「な、何?」

「何か食べ物を分けて欲しいんだ。魔法生物も空腹には耐えられない…」

「あ…うん。あ、あなたは何を食べるの?こっちの食べ物は大丈夫?」

この彼女の質問にヴェルノはしばらく考えてろくろを回すようなジェスチャーをしながら答えた。

※この小説(ノベル)"魔法少女いつき"の著作権はにゃべ♪さんに属します。

この小説(ノベル)の評価
評価項目評価数
合計 0
[広告]

この小説(ノベル)のURLとリンクタグ

この小説(ノベル)のURL:
この小説(ノベル)のリンクタグ:

コメントを書く

登録済みのユーザーは ログイン してください。
登録済みでない方は 新規登録 してください。

新規メンバー登録(無料)
第4回みんなのライトノベルコンテスト「しまのわライトノベルコンテスト」
広島で開催!コスプレをはじめとするジャパンカルチャーイベント「コスカレード」
  • 公式サークル みんなの歌詞
  • 公式サークル みんなの詩(ポエム)
  • 公式サークル みんなの小説(ノベル)
  • 公式サークル みんなのイラスト
  • 公式サークル みんなの写真(フォト)

サポートサイト

J@P