自作の歌詞・詩(ポエム)・小説(ノベル)等のクリエイティブ系コミュニティサイト

ようこそ ゲスト さん

投稿した小説(ノベル)にコメントがもらえるコミュニティ

小説(ノベル)

21世紀初頭の日本の詩 (執筆中)

作:歌川四季 / カテゴリ:未分類 / 投稿日:'16年3月16日 22:24
ページ数:362ページ / 表示回数:回 / 総合評価:0 / コメント:0件

[広告]

軽減税率は低所得者のため?5

新聞の話では

いまだに

軽減税率は低所得者のため

とかいっている

国の試算でも

「年収1500万円以上の世帯の軽減額が年1万7762円

年収200万円未満は8372円にとどまった」

といっているのに

「所得低いほど負担感緩和

軽減税率が負担率を押し下げる効果が高まる」

とかわけのわからないことをいっている

負担率って何だ?

実際の軽減額は高所得者の方が大きいのに

負担率が下がると何があるんだ?

「年収に対する負担額の割合(負担率)は

軽減税率を導入しない場合よりも全世帯で0.5~0.1%下がる

低所得世帯ほど

所得に占める消費税負担額の比率が大きいため

軽減税率が負担率を押し下げる効果が高まる

負担率は年収200万円未満の世帯が6.7%で

導入しない場合の7.2%から0.5ポイント低下

1500万円以上の高所得世帯は2.4%で

導入しない場合より0.1ポイントしか低下しない」

だから軽減税率は低所得者のため

なんだってさ

わけがわからねえ

実際の軽減額は高所得者の方が年1万円近く大きいのに

高所得者は負担率が0.1ポイントしか低下しないが

低所得者は負担率が0.5ポイント低下すると何がどう低所得者のためになるんだ?

※この小説(ノベル)"21世紀初頭の日本の詩"の著作権は歌川四季さんに属します。

この小説(ノベル)の評価
評価項目評価数
合計 0
[広告]

この小説(ノベル)のURLとリンクタグ

この小説(ノベル)のURL:
この小説(ノベル)のリンクタグ:

コメントを書く

登録済みのユーザーは ログイン してください。
登録済みでない方は 新規登録 してください。