自作の歌詞・詩(ポエム)・小説(ノベル)等のクリエイティブ系コミュニティサイト

ようこそ ゲスト さん

投稿した小説(ノベル)にコメントがもらえるコミュニティ

小説(ノベル)

21世紀初頭の日本の詩 (執筆中)

作:歌川四季 / カテゴリ:未分類 / 投稿日:'16年3月16日 22:24
ページ数:362ページ / 表示回数:回 / 総合評価:0 / コメント:0件

[広告]

国保の懊悩

先日、新聞に

税金や保険料の滞納者から

もっと厳しく取り立てるべきだ

という話が載っていた

税の公平性に反するとの理由だ

一理はあるが

そもそも

課せられた税や保険料が本当に公平なのか?

という点にも目を向けてほしい

特に国保

国民健康保険の保険料

保険料払うことで

自分が医者にかかった時に払う料金が

3割でよくなる保険証がもらえる制度

(でも残りの7割も結局、自分らが徴収された税金や保険料から払われてるんだけど)

サラリーマンの医療保険料は

会社が半分払ってくれるらしい

公務員の医療保険料も

なぜか税金で半分払ってくれるらしい

国保の保険料は

なぜか税金で半分払ってくれないらしい

という理由もあってか

国民健康保険の保険料が高過ぎる

なぜか公務員は税金で保険料の半分が払われているので

国保の人の負担感が分かっていないのではないか?

と考える

さらに

国保は自営業者や

会社の保険に入れない

フリーターや派遣社員以外に

退職したお年寄りや病気で仕事できない人達も入るので

使う医療費も多いため

必要な保険料も多くなり

サラリーマンや公務員より保険料自体も高いという

なのに誰も半分払ってくれない

そして毎年のように

勝手に保険料が上がっては

勝手に納付書が送られてくる

医者になんて全然行ってないから

国保抜けたいと言っても

国民皆保険だからと

許されない

医療費10割全部自分で払う方が安いから

国保抜けたいと言っても

国民皆保険だからと

許されない

最近、ニュースにもなったが

不正な診療報酬で払われた医療費や

過剰に支給される薬剤費など

ずさんな運用された分まで

保険料を徴収されちゃあたまらんので

国保抜けたいと言っても

国民皆保険だからと

許されない

保険料払わないと

滞納者として

サラ金のような延滞金が課せられ

さらに私財を差し押さえられる

なぜか公務員は税金で保険料の半分が払われているので

国保の人の負担感が分かっていないのではないか?

と考える

去年

新幹線で焼身自殺した老人も

国保が高過ぎると言っていたらしい

そもそも

国保って制度自体が不公平なんじゃないの?

せめて

国保も保険料を半分

税金で払ってくれよ

あるいは公平性の観点から

公務員も国保にしれくれよ

(そうすりゃ国保の財源だってちょっとはよくなるだろうし

国保の人の苦労もちょっとは分かるだろうよ)

※この小説(ノベル)"21世紀初頭の日本の詩"の著作権は歌川四季さんに属します。

この小説(ノベル)の評価
評価項目評価数
合計 0
[広告]

この小説(ノベル)のURLとリンクタグ

この小説(ノベル)のURL:
この小説(ノベル)のリンクタグ:

コメントを書く

登録済みのユーザーは ログイン してください。
登録済みでない方は 新規登録 してください。

新規メンバー登録(無料)
第4回みんなのライトノベルコンテスト「しまのわライトノベルコンテスト」
広島で開催!コスプレをはじめとするジャパンカルチャーイベント「コスカレード」
  • 公式サークル みんなの歌詞
  • 公式サークル みんなの詩(ポエム)
  • 公式サークル みんなの小説(ノベル)
  • 公式サークル みんなのイラスト
  • 公式サークル みんなの写真(フォト)

サポートサイト

J@P