自作の歌詞・詩(ポエム)・小説(ノベル)等のクリエイティブ系コミュニティサイト

ようこそ ゲスト さん

投稿した小説(ノベル)にコメントがもらえるコミュニティ

小説(ノベル)

21世紀初頭の日本の詩 (執筆中)

作:歌川四季 / カテゴリ:未分類 / 投稿日:'16年3月16日 22:24
ページ数:362ページ / 表示回数:回 / 総合評価:0 / コメント:0件

[広告]

腐った国

今年の復興関連予算が
被災地と関係ないものに使われていたと
ニュースでやっていた

問題視された省庁は
使える予算なら
使わなければ損と
思っているのだろうか?

批判が起こるとは
思わなかったのだろうか?

批判が起きるまでは
やり得だとでも思ったのだろうか?

批判が起きても
これで終わりなのだろうか?

違法でないなら
支障ないと考えているのだろうか?

誠実な対応なんて
誰も考えはしないのだろうか?

国が率先して
不誠実な対応をしている

復興補助金が
水増しや詐取され
不正に受け取られているという
ニュースが今朝、出ていた

国が不誠実だから
民が不誠実なのか

民が不誠実だから
国が不誠実なのか

誠実な対応なんて
期待する方がおかしいのだろうか?

誠実な対応なんて
期待していたらこの国ではやっていけないのだろうか?

財務省が生活保護の切り下げを提案したと
記事が出ていた

国の借金が膨らみ続ける中で
生活保護を不正受給する輩もいれば
医療扶助の不正診療をする医者もいるらしい

民が不誠実なのか
国が不誠実だから

国が不誠実なのか
民が不誠実だから

誠実なんて
期待していたらこの世界ではやっていけない

※この小説(ノベル)"21世紀初頭の日本の詩"の著作権は歌川四季さんに属します。

この小説(ノベル)の評価
評価項目評価数
合計 0
[広告]

この小説(ノベル)のURLとリンクタグ

この小説(ノベル)のURL:
この小説(ノベル)のリンクタグ:

コメントを書く

登録済みのユーザーは ログイン してください。
登録済みでない方は 新規登録 してください。