自作の歌詞・詩(ポエム)・小説(ノベル)等のクリエイティブ系コミュニティサイト

ようこそ ゲスト さん

投稿した小説(ノベル)にコメントがもらえるコミュニティ

小説(ノベル)

探偵物語 (完結作品)

作:南雲 露 / カテゴリ:未分類 / 投稿日:'08年1月19日 21:52
ページ数:11ページ / 表示回数:回 / 総合評価:0 / コメント:3件

[広告]

第一章~彼女の名前は羽村莉南~2

 キンコンカンコーン!!
 
 「やばっ」

 「そんな時間?」

 「また、近ちゃんにどやされる」

 今のチャイムはHR(ホームルーム)の始まりの合図・・。
 彼らは、紛れもなく遅刻決定であった。

 「また、貴方たち3人組ね」
 
 砂夜たちが教室についた頃にはもう、担任の“近藤 美佐子(こんどうみさこ)”が般若の顔をして待ち構えていた。

 「最悪だ・・・」

 「こうなるのね・・いつも」

 「・・・」

 「まっいいわ、席に着きなさい」

 しかし、今日のお説教はいつもと短かった。
 それもそのはず、教卓には黒髪セーラーの和風美人が立っていた。

 「今日は、イギリスからの留学生“羽村 莉南”さんを紹介します」

 「My name is Hamura Rinan. It went to study to Britain at ten years old it, and criminalistics」
 
 クラス中が一瞬、凍りついた。
 まぁ、無理もない話かもしれない。突如現れた転校生は、留学期間が長かった性もあり、自己紹介を英語で始めたからで、まだ英語に慣れていない砂夜たちには、まったく通じないのは仕方なかったからであった。

 「英語・・なんて言ったんだ?」

 「さぁ、滑らかな英語で・・・さっぱり」

 砂夜は、頼と首をかしげていると敦樹がすっと、口を開いた。

 「私の名前は羽村 莉南(はむらりなん)。10歳の頃よりイギリスに留学し、犯罪科学と犯罪心理学を学びました」

 「へっ?」

 なんと、敦樹は莉南の言葉が通じたのだ。その光景に砂夜も頼もクラス中の生徒だって驚いたに違いない。

 「じっ自己紹介はそのくらいにして、さっ羽村さんの席はこの列の一番後ろです」

 担任はこともあろうか、砂夜の後ろの席に莉南を着かせ、HRの続きをはじめた。

※この小説(ノベル)"探偵物語"の著作権は南雲 露さんに属します。

この小説(ノベル)の評価
評価項目評価数
合計 0
[広告]

この小説(ノベル)のURLとリンクタグ

この小説(ノベル)のURL:
この小説(ノベル)のリンクタグ:

この小説(ノベル)へのコメント (3件)

南雲 露

'08年1月27日 16:13

 しおり挟んでくれてどうもです(花)

 部活・・といいますか、莉南が勝手に結成したのがそうなので・・(汗) この話は、主人公と莉南の暇つぶしから成り立っていて・・改めて聞かれると少し戸惑ってしまいますね(笑)
 それについては、ネタ帳に書くとしましょうか?
 これからも、どうぞごひいきに(花)

丹内

'08年1月29日 08:46

とても面白いんですが。。。

続きが非常に気になりますねw

ただ少し残念なのが「」内に感情表現を入れてることです。。。

お固いこと抜きで、みたいなことが規約にも書いてあるので直せ、とは言いませんが、直したほういいと思います。

自分勝手なことばっかり言ってすみませんでした。

南雲 露

'08年1月29日 19:53

アドバイスありがとです(>v<)/

最近、はじめたばかりなのでよく解らずじまいだったので、こういったアドバイスはとても、ためになります。とりあえず、直して見たのですがどうでしょうか? また、何かあったら、どうぞお気にせずジャンジャン言っていただけると、光栄です。

コメントを書く

登録済みのユーザーは ログイン してください。
登録済みでない方は 新規登録 してください。

新規メンバー登録(無料)
第4回みんなのライトノベルコンテスト「しまのわライトノベルコンテスト」
広島で開催!コスプレをはじめとするジャパンカルチャーイベント「コスカレード」
  • 公式サークル みんなの歌詞
  • 公式サークル みんなの詩(ポエム)
  • 公式サークル みんなの小説(ノベル)
  • 公式サークル みんなのイラスト
  • 公式サークル みんなの写真(フォト)

ランキング

※ここでは2018年5月17日のデイリー表示回数ランキングを表示しています。※同順位者が多すぎる場合はすべてを表示しきれない場合があります。

サポートサイト

J@P