自作の歌詞・詩(ポエム)・小説(ノベル)等のクリエイティブ系コミュニティサイト

ようこそ ゲスト さん

投稿した小説(ノベル)にコメントがもらえるコミュニティ

小説(ノベル)

守る者の護るべき能力 (執筆中)

作:mechanism / カテゴリ:未分類 / 投稿日:'08年1月19日 20:24
ページ数:10ページ / 表示回数:12038回 / 総合評価:0 / コメント:1件

[広告]

第二話 ~管理官~

午後9時 
Cross oveRとあって、疑問に想い、すっごく完備が簡単にくぐれる学校
(地元の学校)
の図書室(裏)に禁書を探しに行った。

「そういえば、あいつ。ヒーリングって言ってたな・・・・・・」

そして
独り図書室書庫(裏)・・・・・・雅は、禁書で『ヒーリング』があるかを探していた。

「あ、か、さ、た、な、は・・・・・・は、ひ」

ヒーリングの名前が無い・・・・・・すると

「はいはい、ごめんね~」

刺物を持ってやってきた。
笑顔で普通に襲ってくることはなさそうだ・・・・・・

「なんですか?これ」

「禁術を変更するんだけどね・・・・・・」

そういえば・・・・・・ここは禁書をおく図書室書庫(裏)のはず・・・・・・

「なんで、君がここにいるんだ!!」

・・・・・・やべっ、ばれた。

「じゃあな!」

「待てぇぇぇ・・・・・・ワカゾウ」

何だ?呼び方が変っ・・・・・・
その管理官は、人間には見えない姿になっていた。狐の仮面を被って
「そういえば」と雅は続けて言った

「禁書を探しているときにちょっと見えたよ。たしか・・・・・・狐だったか?」

「それを見て何かわかったのかい?」

どうしたんだ・・・・・・管理官の様子が・・・・・・これが狐?

「Z弾(ゼロバースト)」

管理官は口をあけて一瞬光が見えて・・・・・・
目の前と自分・・・・・・いや、周りがボロボロになっていた。

「なんだよ。このチカラ・・・・・・」

ビームって奴か・・・・・・
管理官は、口元に血が軽くついている。
リバウンド・・・・・・ってことは打つのにはただ打つわけにはいかないってわけか

「ハァ!」

一つのクナイを投げた。そうすると管理官はまた「Z」と言って光を放った・・・・・・
コレが、ビームかぁ~。と浮かれることも出来なかった・・・・・・だが勝算はある
あいつは口に負担が掛かってる・・・・・・アイツには・・・・・・勝てる。

「喰ら・・・・・・」

スパンと雅の台詞の途中に管理官は真っ二つになった。
技を喰らわせようと、近づいた雅にその血がついた
後ろにいたのは・・・・・・

「何故・・・・・・管理官を殺した?・・・・・・Cross oveR...」

「オマエは昨日の・・・・・・」

「あぁ、あんたがいきなり攻撃をぶっ飛ばしてきた・・・・・・名前は・・・・・・?」

ここで奴は・・・・・・答えるか?

「鷹駄 尋鍍 (たかだひろと) だ」

雅はクナイの数を確認した。・・・・・・1、2・・・・・・もうないか・・・・・・
逃げられない・・・・・・一応雅も忍者の端くれ。アタマを少しは使った。

「行くぞ」

「・・・・・・」

雅は一本のクナイを投げた、しかしそのクナイは楽に避けられた
ここまでは雅の良そうだ通りだった・・・・・・CrossoveRは後ろに下がった
そこにいるのは、背中に少し伸ばせば近づきそうな伸びていないクナイをもった右手が構えられている・・・・・・

「ヤァ!」

右手に持ったクナイを相手に刺そうとした
しかし、軽々と避けられた。

「そのクナイを投げない・・・・・・それが最後のクナイか・・・・・・」

バレバレかよ・・・・・・

「「定めよ-光-轟け-闇-」」

何だ?これ・・・・・・

「聖なる夜(Holy night)!」

「ごっ」

その攻撃は、雅に直撃した。雅は、ふっとんで本棚に当たった。すると

「痛い、痛!いてー”」

ゴゴゴゴゴゴゴ・・・・・・
上から本が落ちてきた。

「うわぁぁぁぁぁぁ!」

ドドドドドドドン
雅は目を開けると自分は,本に埋もれていた。

「なんだこれ・」

ボン

「いて」

「ヒーリング?」

「1990年初期に、葵という忍が編み出した術
大蛇乃の力でなんとかなったがリスクが大きい
守る術として開発されたが、ある男により攻撃の利用も可能となった
その男の名は・・・・・」

雅は驚きを隠せなかった・・・・・・そこ書いてあった名前・・・・・・それは

「Cross oveR・・・・・・」

雅は、とりあえず本の山の中から出てきたがそこにCross oveRはいなかった

「あいつ・・・・・・どこに行ったんだ・・・・・・」

※この小説(ノベル)"守る者の護るべき能力"の著作権はmechanismさんに属します。

この小説(ノベル)の評価
評価項目評価数
合計 0
[広告]

この小説(ノベル)のURLとリンクタグ

この小説(ノベル)のURL:
この小説(ノベル)のリンクタグ:

この小説(ノベル)へのコメント (1件)

南雲 露

'08年1月19日 22:36

ありがとうございます

 コメントありがとうございました。
 キャスト(登場人物)がなんか、かっこいいですよね(きゃぴ)
 わたしも最近始めて、初心者なんですよ。
 時の森は友達と書いている漫画を編作したものなんです。
でも、ちょっとどうやって、読者に簡潔に伝えられるか考え中なんで更新が遅れますが・・・更新したときはご愛読よろしくお願いします。

コメントを書く

登録済みのユーザーは ログイン してください。
登録済みでない方は 新規登録 してください。

新規メンバー登録(無料)
第4回みんなのライトノベルコンテスト「しまのわライトノベルコンテスト」
広島で開催!コスプレをはじめとするジャパンカルチャーイベント「コスカレード」
  • 公式サークル みんなの歌詞
  • 公式サークル みんなの詩(ポエム)
  • 公式サークル みんなの小説(ノベル)
  • 公式サークル みんなのイラスト
  • 公式サークル みんなの写真(フォト)

ランキング

※ここでは2018年5月17日のデイリー表示回数ランキングを表示しています。※同順位者が多すぎる場合はすべてを表示しきれない場合があります。

サポートサイト

J@P